レビュー一覧に戻る
黒の天使 Vol.1

aok********

4.0

ネタバレ多分私だけが好きな映画

葉月里緒菜って主演映画コレだけじゃないですかね? ギリギリエロスで頑張ってますが、やっぱり微乳です(←なんか当時、こんな言い方されていた記憶がある) あ、でもポロリはないから期待しないでね。 子供の頃に両親を殺され、女ヒットマン“黒の天使”魔世(高島礼子ねえさん)に助けられアメリカに渡った一光(イッコウと読む。里緒菜の事よ) 成長した彼女はマブダチ(ナイスなゲイを演じる山口祥行)と共に帰国し、復讐開始。 たまたま自らを「黒の天使。なあんちゃって」と言ったところ、 復讐されてる側も、え? お前、まだ現役だったっけ?と勘違い。 魔世はその頃、既に現役どころか、落ちぶれていた。しかし…… てなスタート。たしかに、ちょっと今までの石井テイストと若干違う。 何が違うのかなあと考えたんだが、この映画には男女の愛がないのだ。多分、そのせいかと。   甚八、椎名、室田、鶴見。もう、お約束のように脇を固めてくれてる。 私の大好きな速水典子女史もちょっとだけ出てくれてる。 だが、この映画の一番の見どころは小野(デビルマン)みゆきだ。 なんで小野みゆきなんだ! ナイスすぎて見入っちゃったよ。燃えろナツコ。 里緒菜スキじゃなかったけど、コレで結構スキになったよ。 そんなに悪くないんだがなあ、何に出ても浮いてるんだよな。そりゃ事実だ。 だから、こういう非日常なモンに出るのがイチバン。 あ、それに気付いたから最近はホラーに出てるのか。 石井の映画だから贔屓してる☆だよ。 いいじゃないか。個人のレビューだ。

閲覧数2,597