ここから本文です

中国の鳥人 (1998)

THE BIRD PEOPLE IN CHINA

監督
三池崇史
  • みたいムービー 20
  • みたログ 150

3.31 / 評価:35件

マコさんがよかった

  • mar******** さん
  • 2009年9月5日 5時35分
  • 閲覧数 467
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

三池監督の作品は個性が強いので、かなり好き嫌いが分かれますが、この作品はグロテスクな画像も少なく、人物描写や、フィロソフィーやメッセージ性の面でも好感が持てる作品でした。

中でも、私は変な日本語を話す中国人役のマコさんが気に入りました。
実は、マコさんを初めて見たのが、超駄作「パールハーバー」で、作品自体の質の悪さに加えて、ミスキャストで本人にもやる気がなかったようで、あまりいい印象がなかったのですが、この作品でのマコさんはまさに嵌り役。
血筋的には日本人なのに、長い海外生活ゆえのエキゾチックな風貌が、「怪しい東洋人」の役にぴったりですね。
「パールハーバー」のときは、「日本語下手くそだなあ」と思ったのに対し、本作では役柄上日本語が上手くないのが前提でしたが、所々流暢になるところもあり、でもそれでも変な語彙を用いるのが滑稽でした。
映画の台詞としてではなく、普通に日本語を話したらどんな感じなんでしょう?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • スペクタクル
  • 不思議
  • 勇敢
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ