不夜城 SLEEPLESS TOWN
3.3

/ 203

18%
20%
37%
18%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(43件)


  • oce********

    3.0

    歌舞伎町のノワール

    新宿歌舞伎町で行われる勢力争い。 そこに巻き込まれた劉健一は、元相棒の呉富春を3日間の猶予で連れてくるようマフィアのボスに依頼される。 そして出会うのが夏美という怪しい女。 怪しい雰囲気たっぷりの絵面であり、ヤバ目の人間が絡んでいくノワール。 とはいえ登場人物が多すぎるのか、誰だかはっきりしないキャラが無駄に多い。 金城武の視点とはいえ、明らかに要らない人物がいて、脚色に失敗している印象。 その金城武も日本語をしゃべりだすと凡庸に聞こえてしまう。 中国語の方が雰囲気が出るのに、場所が日本という矛盾は何とも微妙な中身だった。

  • oir********

    2.0

    まるで東京とは思えない映像風景

    にいくばくかの新鮮さを感じるものの、スタイリッシュさをメインに打ち出したため、新宿歌舞伎町アジア系ごった煮の雑多な猥雑臭が殆ど消臭された、何とも腑抜けた中途半端な暴力抗争劇という印象しか残らず。 中華系監督やスタッフ多数参加に関わらずパンチを欠いてしまったのは、日本のお偉方の頓珍漢な要望に戸惑ったからなのかもしれない。分からんけどね 正直言うと淡泊すぎて異常に眠くなってしまったよ。 1.6の二つ星

  • predawn

    5.0

    あの頃の歌舞伎町がここにある

    今、見返してみて、平和だったんだなあと思う。いや、この映画のストーリーの事ではなくて、こんな映画が撮れた事が奇跡なんじゃないかとさえ思えてしまう。 金城武さんが本当にカッコいいので、見とれてしまうし、山本未来さんも美しくて、可愛らしい。 (個人的には夏美のイメージは青い鳥の頃の夏川結衣さんなのですが、それは勝手な妄想なので…) ハンドカメラで撮った歌舞伎町で始まるオープニングも大好きです。

  • bon********

    4.0

    ネタバレ山本未来の映画

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ma2********

    2.0

    魔性の女・葉月里緒菜の夏美を観たかった!

    20年以上前に馳星周の原作読了。当時、あまりの面白さに本を読む腕が痛くなるくらい熱中し過ぎた記憶あり。でも、話の筋は覚えておらず。 登場人物が殆ど中華系なので名前が覚え難く相関関係が分かり難いので、先に原作を読んだ方が良いとは思うが、原作と映画の落差が激しいので原作で衝撃を受けて、そのまま映画を観ない方が吉かも(笑) 主役・劉健一役の金城武は外見は格好良いのだが、平抑揚のない話し方が残念。 ヒロイン佐藤夏美は短時間で男の心を掴む魔性の女なんだけど、山本未來では説得力ない。このヒロインの魅力がラストの損失感へと繋がるはずだったんだけどね。当初夏美役に決定していた本当の魔性の女・葉月里緒菜版を観たかった。 賛否両論の温泉のシーンは僕は良いと思う。ラストで雪が降る伏線になってる訳で、やりたかったことは認めます。

  • lma********

    2.0

    ネタバレ暗い世界観が全てにおいて一致

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • lke********

    1.0

    ひどい

    共産主義者が原作者の最悪の物語! 見るに値しません!

  • bat********

    3.0

    眠らない街歌舞伎町の闇社会ミステリー

    日本の小説を香港の監督が映画化。舞台は歌舞伎町の闇社会。主人公は台湾と日本のハーフ。まさに金城武さんにぴったりの映画。 ノワールとしては可もなく不可もなくという感じですが、懐かしい90年代後半の空気、もっと猥褻だった頃の新宿歌舞伎町のニオイを感じつつ、中国、香港、日本、アジアごちゃ混ぜの雰囲気が面白くておしゃれでかっこ良かったです。

  • モナリザパーキング

    3.0

    ネタバレまさに龍が如く!大元なのか?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • yio********

    3.0

    何を描きたいのか判らない。

    数少ない日本語のセリフを中国版字幕にして中国で放送した方がニーハオ。

  • tai********

    3.0

    映像と音楽だけ・・・

    小説を読んでから映画を見ました。 さまざまなサイトのレビューにもありますが、 登場人物の相関図、がわかりにくいです。原作を読んでからがおすすめ。 理解力がある方は大丈夫かも。笑 金城の日本語のアクセントに違和感があります。 良いのは配役、音楽、そしてその時代の映像、ですね。 一般人はほとんど入り込むことのない路地裏や怪しい薬局など、、、 新宿の雰囲気、そういう気分に浸りたい人、にはおすすめです。 ストーリーは正直微妙なところです。なんとも言えませんが、 ある種のどんでん返しなのかな。 でもストーリー重視しないほうが良いです。笑

  • 早彩

    5.0

    作品と曲がピッタシ☆

    金城武さんが,日本人・台湾人・チャイニーズ等 演じられる”こうもり”が,よく似合う。小説を読んで,誰が似合うか?と考えた時,金城武かな‥と思った。ただ,小説を読んでいる人は物足りなさを感じると思います。誰が一番の”悪者”なのか。山本未来の嘘ばかりの話も信じてしまう程 熱演。日本の甘っちょろいVシネマを観るより,こちらの方が真実味があり体を張った映画を観た方がいいと思います。B’zの曲が挿入歌として流れますが本当にピッタシでした。1回観るだけではなく,何回観ても飽きはしません。むしろ 数回観た方がわかりやすいかもしれません。あくまでもフィクションですが,24時間眠らない街 歌舞伎町では実際にあるかもしれないですね。とても良かった作品です。

  • tetsu32

    3.0

    日本のことは日本人に任せた方がいい

    馳星周の原作を読んで面白かったので映画も見てみた。 そんなに悪くない。でも特別良くもない。 香港台湾の役者をたくさん使うことに文句はないけど、日本のことは日本人にしかわからないし、日本人の感覚も日本人しかわからない。だから監督は日本人の方が良かったような気がする。 あと金城武は嫌いではないけど、ハードボイルドには合わない。

  • yxw********

    3.0

    ノワールではない

    金城武さんは雰囲気はあるが、しゃべりが苦手です。 原作のノワール小説とはやはり別物かと。

  • やまねこ_ぶっち

    3.0

    眠らぬ街は中国マフィアの巣窟

    東京には行ったことがないが、新宿とはこんな街なのか。もちろん昼間の様子がえがかれているわけではなく、もっぱら夜の街だが、中国マフィアが支配しているとは。 それにしても、上海グループだ、台湾グループだと入り乱れている。福建省からの組もあるらしい。中国人の名前がわかりにくいこともあって、人間関係ががつかみにくい。つまり、話の筋がよぅわからん。ただ、主役の健一がみんなから狙われているというのは、なんとなくわかる。 そこで、山本未来である。この人も、ひと癖もふた癖もある。が、それを隠し、純情を装う。「世の中には二通りの人間しかいない。騙すものと騙される者だ」という健一のセリフがここで意味を持ってくる。この映画はまさに、騙す者がこれでもか、これでもかと出てくるのである。 要するにヤクザ映画であって、感動を求めたり、何を求めたりするような映画ではないのだが、まあ、そう思って観ればおもしろい。金城武もチンピラ役が似合ってるし、山本未来が、まあ、いいこと。ただ、繰り返していうが、登場人物の関係がわかりにくい。でももしかしたらこれは、原作を読めば解決するかもしれない。

  • ズコ太郎

    3.0

    原作に勝てないが楽しめる

    原作読んで観ました!もう10年前位です。 映画の冒頭を筆頭に演出はドス黒い雰囲気をかもしだし、ひきこまれます! 個人的に金城武のロン毛にレザーコート、BMWにのってるのも似合っててカッコいいと思いました!主人公役もハマっているとおもいます。 山本未来もかわいい(^-^) 「世の中にはカモる奴とカモられる奴の2種類しかいない」 この映画のキャッチフレーズはこれです! 劉健一とかヤンウェイミンなどなど、マジで関わりたくないひとばかりでてきます… 原作見てない方でも、ミステリー系が好きであれば楽しめる内容だとは思いますよ!ただ、やはり原作と比較すると人物像、物語にしても安っぽい内容になってます。 映画にはおさまりきれなかったようです。 深みのある原作のほうをオススメします! 原作は結構グロい内容ですので注意を笑

  • per********

    1.0

    セサミストリート

    タダ券もらって観に行ったのだが、 当時この映画は オニのようにタダ券配りまくっていたらしい。 ------------------------------- 実を言うと原作も読んでいたのだが、 なんとも読むのが苦痛なくらい面白くも なんともない小説で、 (負の意味で) 人生観が変わるくらいの作品だった。 つい最近になって、当時そのまんま東氏が同じくあの 小説の内容のアホらしさを批判していた事を知って、 ちょっと彼に親近感を覚えたりもしました。 「こんなものを小説と言えるかねー」 みたいな事を東氏は言ってたんだけど、 俺も全く同じ意見です。 小説とも言えないし単に 「本」 とも言えないくらい 酷いものだった。 しかしながらあのページ数の紙ををいちおうは文字で埋めてある。 あれはこの世で出会った最も奇妙な物体でした。 あの原作本は。 -------------------------------- まあ原作が原作なんで 当然1ミリも期待はしてなかったんですが、 やはりどうしようもないもんでした。 この映画ではじめて 山本未来って人を見たんだと思う。 まだドラマとか出る前だったと思う。 歌舞伎町をわざわざ 「フィクションの中の歌舞伎町」 に仕立て上げちゃった感じで 人間が演じてるんだけど 人形劇だった

  • mir********

    5.0

    ネタバレ切ない・・・

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • shp********

    3.0

    ネタバレややこしい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tok********

    2.0

    原作本をまず読んでから観る事

    中国系マフィアの抗争を軸にその渦中の男と女を描いた作品・・・・・ 一言でいえばそれまでなのだが、やはり原作の衝撃を超えられなかった作品になっています。 ストーリーの展開上仕方のない事だが、登場人物の相関関係が非常に分かりにくい脚本、もっと感情を揺さぶる演出、そして・・あの衝撃(原作)のラストがパスされている事・・・等々・・物足りなさを感じます。 この作品は、原作本をまず読んでから観る事をお勧めします

1 ページ/3 ページ中