ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

風の歌が聴きたい (1998)

I WANT TO HEAR THE WIND'S SONG

監督
大林宣彦
  • みたいムービー 13
  • みたログ 42

3.85 / 評価:20件

夫婦の愛の物語です

  • タミーゴ さん
  • 2007年7月7日 13時12分
  • 閲覧数 465
  • 役立ち度 15
    • 総合評価
    • ★★★★★

僕の21年に及ぶトライアスロン史の中では、いろんな出逢いがありました。
ボランティアの皆様のいたわりに涙したのも一度ならず、
レース開催地、地元の皆さんとの交流も、友情となって今に続いています。
当然アスリートたちとの出逢いは、強烈で忘れがたいものがたくさんです、
例えその後互いの消息が途切れがちであろうとも。

そんななか、本シネマの主人公夫妻はシネマの形で永遠の時のなかに留めおかれています。
宮古島のトライアスロンレースをドキュメントタッチで背景にした、夫婦の愛の物語です。

僕はこのお二人を知っています。
僕の所属するクラブチームの練習会でよくご一緒しました。
本シネマ撮影の宮古島大会のときも、僕はレースに出場していました、その場にいました。

でも、
あまりにも、自分がこのシネマに身近すぎるのと、「トライアスロンイコール過酷」の標準パーターンをどう修正すればいいかという問題に辟易していたので、本作の感想文は控えていました。
「のほほん」さんに背中を押された形で、僕も何かを申し上げたくなった次第です。

ご指摘のとおり、
大林監督は誰でもが経験する人生の喜び、戸惑い、苦しみ、希望を爽やかに、自然に描いています。
確かに聾唖者の苦労は、健常者にはとてつもなく大変なもののように思えますが、

シネマで再現されてるように:
「聾唖者だったことで不幸だったことがあるか?」
「いいえ、ないわ」
「だったら僕たちの子供だって幸せさ」
が、その答えなのでしょう。

それでも僕は素直に感激しました、おふたりの強さに。

最後に、トライアスロンについて一言:
楽に達成できるスポーツではありませんが、それはどんなスポーツも同じです。
「過酷」の言葉に惑わされることなく冷静にチャレンジしてください。
キーワードは「集中力」だと申し上げたいと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ