ここから本文です

ねじ式 (1998)

監督
石井輝男
  • みたいムービー 31
  • みたログ 431

2.87 / 評価:67件

なぜか中途半端に見れる映画にしてしまった

  • yuki さん
  • 2019年4月24日 12時04分
  • 閲覧数 277
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

つげ義春のカルト漫画を同じくカルト作家の石井輝男が映画化。したはいいものの、その響きからは拍子抜けするほど真っ当な映画。悪く言えばふつー。夢幻的ではあるがそれなりに筋はあるし石井の演出も悪くないのでボンヤリとしたまま最後までなんとなく見れてしまうのである。いや、そこは大傑作か駄作か、どっちかに振り切るべきだったでしょう!石井監督は変な所で生真面目である。

やはり良く出来てるのは終盤10分の表題作の完全映像再現パート。「ねじ式」は意味わからんとしか思わんし、別に好きでもなんでもないんだが、映像にするとやはりそれなりに迫力があって楽しめた。90分ずーとこんなんで良かったんじゃないのかなと思いますけどね。あとオープニングとエンディングのテンションの高さは良かった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ