ここから本文です

カンゾー先生 (1998)

監督
今村昌平
  • みたいムービー 106
  • みたログ 556

3.63 / 評価:139件

こりゃ肝臓病だな

  • オーウェン さん
  • 2016年2月16日 18時58分
  • 閲覧数 1198
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

敗戦間近の日本で開業医の赤城は患者の病気を何でも肝臓病と診断する。
そのせいか周りの人たちはカンゾー先生と赤城を呼ぶ。

この敗戦間近という時代が重要なキーワードであり、当時の肝臓病の解決方法が見つかっていない。
だからこそ赤城の肝臓病に対する研究意欲は患者の死をも実験体へと駆り立てる。

今村昌平監督としては病気を喜劇として演出しており、ふとした力を抜ける笑いが有り難い。
戦争の影がちらつく悲劇は喜劇と紙一重の点が実に巧い。

主演の柄本明もこの役にはピッタリだし、野性味あふれる麻生久美子も実に瑞々しい。

戦争を側面から見るという意味では秀作だ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ