ここから本文です

学校III (1998)

監督
山田洋次
  • みたいムービー 40
  • みたログ 306

3.94 / 評価:99件

いまを普通に生きること

  • win***** さん
  • 2018年8月4日 14時39分
  • 閲覧数 1103
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

いまから20年前のバブル崩壊後から立ち直れない日本社会を背景に、中高年の悲哀ではあるが人間味あふれる良作を描いている。

大竹しのぶが自閉症のある息子を抱えながら、いかなる困難が降ってかかっても必死に生き抜こうとする。その彼女を取り巻くワケありの仲間に支えられることで絶望の一歩手前で救われる様は圧感だ。

小林稔侍がリストラされたもののエリート社員意識が抜けきれない不器用さを大竹しのぶと接するうちに、実は誰しも肩書という仮面を外した瞬間から一人の人間として世の中と対峙していくしかない現実を改めて思い出させる。それはこれから体験することになる壮年諸君へのエールでもある。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ