ここから本文です

踊る大捜査線 THE MOVIE (1998)

監督
本広克行
  • みたいムービー 40
  • みたログ 5,993

3.90 / 評価:705件

何回観ても飽きないやっぱり最高に面白い

  • bat***** さん
  • 2019年9月6日 17時34分
  • 閲覧数 206
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

ある日、湾岸署管轄の川で胃袋の中にテディベアのぬいぐるみが詰められた水死体が発見され、事件は猟奇殺人事件へと発展していく・・・

一方、湾岸署内では窃盗事件が続発。
現場検証を行ったため、刑事課のフロアは大騒ぎとなっていた・・・

時は同じくして、湾岸署には本部からの大掛かりな捜査グループが乗り込んできていた。
実は、警視庁副総監が誘拐される事件が起きていた・・・

これらの事件の真相をめぐり、湾岸署史上最悪の3日間が火蓋を切って落とされる!

やっぱり最高に面白い。何回観ても飽きないのは確かだなぁ。

普通の刑事映画だったら、一本の映画に1つの事件だけど、この作品は一本の映画に3つぐらい事件が織り混ざっているから、かなり見応えがあって楽しい。
しかも全部真面目な事件じゃなくて、1つは「なんだ、それ(笑)」って事件があるから、緩急があってさらに楽しめる。
コメディ要素もふんだんに散りばめられてるから、最高に笑える。

ある場面において、メインのやりとりが行われてる後ろでも何かしら動きがあるから何回でも観れる。作り方が最高。

数ある邦画の中でも、この作品の日本っぽい雰囲気が特に好き。なんか平成初期感があって落ち着く。

小泉今日子さんが最強にトラウマ級の怖さで、迫力がかなりある。っていうか演技が上手すぎる。

本部と所轄の攻防が見応えある。所轄のやり場のないイライラがすごく伝わってくる。

「事件は会議室で起きてるんじゃない。
現場で起きてるんだ!」は名セリフ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • スペクタクル
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ