ここから本文です

踊る大捜査線 THE MOVIE (1998)

監督
本広克行
  • みたいムービー 43
  • みたログ 6,039

3.75 / 評価:748件

興行収入101億円だけのことはある

  • はぬろ~ さん
  • 2020年3月12日 20時15分
  • 閲覧数 243
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

ストーリー
起 開始数分で物語に引き込んでくれるか?
開始5分。
ゴルフコンペの下りで、ただならぬ緊迫感からのコメディ展開で独特の世界観をはっきりと現している。
スモークボールでフラグを張る。この辺りはさすが。
開始15分で水死体発見、副総監が誘拐。青島は署内で領収書を窃盗される。
これらがあとあと絡んでくるのがすごい。

承 あるある、謎とき、ミスリードなどで退屈させない工夫があるか?
水死体の捜査はネット上の容疑者と接触、誘拐事件の身代金を渡す日時が被る。
水死体事件の犯人小泉今日子は、犯罪のスペシャリスト。
そこで青島は小泉今日子に誘拐犯人像を聞く。
ここまで、コメディタッチで様々な要素を盛りだくさんですすめ、退屈どころか、瞬きもできないほど。
ただ、誘拐犯の音声に青島の声が入り込んでいるなどのフラグが回収されていないし、もうすこし、小泉今日子が犯人なんじゃないの?というミスリードをしっかりとしても良かったように思う。

転 意外な展開で驚かせてくれるか?
小泉今日子の助言で、犯人像は「ただの子供」であることが判明する。
独自に犯人を突き止めたわくさんも犯人に捕まってしまう。
ここでスモークボールを焚いて目印にする。
それを発見する青島。
このあたりはやや「ご都合主義」的ではあるが、ここまでの信頼関係があっての話。
おなじみのBGMが盛り上げる。
何回も見てるとそうでもないが、初見では意外な超意外な展開。

結 伝えたいことは伝わったか? オチはあるか?
現場でことが進行している中、トップは誰にやらせるかでもめる。
そこで「事件は現場で起きてるんだ!」のおなじみのセリフ。
いい作品には、かならずこういう名場面があるものだ。
「逮捕のときは気をつけろ」と言われながら、まんまと刺される青島。
現場とキャリアの葛藤を描いた本作。
青島を自ら運び出す室井。
いいシーンだが、ここは担架か何かで運んでやるべきだろw
オチは、死んだと思われた青島が寝てただけだったこと。
領収書を盗んだのがサンバカトリオの仕業だった。
「こんなとこに見舞いに来るくらいだったらもっともっと上へ行ってくれ」と聞いて帰る室井。
ここではちょっと感動すらする。

配役
今見ると、さすがにみんな若い若い。

演出
演出は、今見ると古い気もするが、当時は斬新なものも大方のだろうと思う。
とくに全編コメディ要素を盛り込んで話を進める点が退屈させないよい演出となっている。
また、小さなエピソードが全部リンクしてくるのがすごい。

映像
1990年代の映画だが、映像に古さを感じさせない。
刑事もののわりに、青島の定番のコートとネクタイで、もはやキャラがしっかりと定着していて、「コスプレ」したら誰でもわかるだろう。
刑事ものでこれは他にはありえない。

音楽
定番の音楽で盛り上がる。
テーマ曲はパクリらしく、元ネタは本当にそっくりでびっくりする。
それでもあれだけ盛り上がれば言うことはない。

やっぱり、売れてる映画にはそれなりの理由があると思う。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ