レビュー一覧に戻る
デリンジャー

デリンジャー

DILLINGER

108

jir********

3.0

曇天の空の下、当時のアメリカのまだ発展していない田舎道を自動車でトコトコ走る。 時には銃撃戦をしながら激しく爆走する。 でも道はどこまで行っても寂しい。 しかし男たちは突っ張る。特にデリンジャーは脱獄途中であるにも関わらずこれが俺のアイデンティティーだ、と言わんばかりに銀行強盗をする。 しかし人びとは口々に言う「こんな時代だからしょうがないか」と。 大恐慌時代。 お金がある所から奪うだけで人々は喝采した。 FBI長官はフーパー。 捜査官たちは合言葉のように長官の為に必ず捕まえると言う。 凄いカリスマ性だ。 フーパー長官は実際には大統領からマーチンルーサーキングまで盗聴をしまくり脅しやりたい放題やってきた男で最高に汚い男だ。 銀行強盗らも自分で捕まえた試しは無いが捕まえた後のインタビューには積極的に答え自分が一番のヒーローのような顔をしていた。 作中では一ヶ所だけ「フーパー長官は目立ちたがり屋だからな」というセリフが入る。 他人をゲイのスキャンダルで追い込んだりしておきながら自身もゲイだった。 アメリカ各地を又にかけ銀行強盗を繰り返すデリンジャー一味、州警察は他の州に逃げ込まれたら手が出せない。そこで出来たのがFBI。 州をまたいで捜査できる権限を持っている。 結果は有名なので知っている人が多いと思うが、それでも興奮する。 無法者の末路に何を思うか? それは見てからのお楽しみだ。

閲覧数756