ここから本文です

テロリスト・黒い九月 (1976)

21 HOURS AT MUNICH

監督
ウィリアム・A・グレアム
  • みたいムービー 6
  • みたログ 17

2.83 / 評価:6件

学習を深めるきっかけとして、格好の素材

  • psg***** さん
  • 2009年8月21日 0時25分
  • 閲覧数 486
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

1972年9月5日、パレスチナのテロ組織“黒い九月”のメンバー8名が、旧西ドイツで開催中のミュンヘン・オリンピック選手村イスラエル人宿舎に侵入、2名を殺害、9名を人質に立て篭った。イスラエルで収監されている同朋の解放を要求する犯人グループと西ドイツ当局の、21時間に渡る交渉をを追う再現ドラマ。

スピルバーグ監督作品「Munich」冒頭で描かれているミュンヘンオリンピック事件の忠実な再現が、本作のテーマである。派手なアクションもラブシーンもなし。ユダヤ・パレスティナ問題や事件の背景についての解説もなし。只管淡々と時系列に添って事件の推移を追っている。その手腕は確かなもので、最期まで飽きさせない。作りがコンパクトなのもよい。

と言うことで、
スピルバーグ作品を見て興味をもたれた方がご覧になるには手軽。
書籍で事件をご存知だった方がイメージを明確にされる上でも有益。
学習を更に深めるきっかけとして、格好の素材となる事は間違いない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ