テン

10

121
テン
2.6

/ 38

11%
11%
26%
29%
24%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(14件)

笑える16.2%かわいい13.5%コミカル13.5%セクシー10.8%ロマンチック8.1%

  • ジュディー

    1.0

    西落合1-18-18 更生施設けやき荘

    東京都西落合にある更生施設けやき荘という生活保護受給者が入居する施設では女所長を柳澤明美という人物が勤めていてこの人物の悪辣さは度を越えており (自分は事情があり、数か月入居したのだがそこでの待遇があまりにも悪かったのでこうやってネットで告発する事にした) 入居者の女性を馬乗りになり殴りつけ 「この被害をてめーが訴えたとしてもこっちが「いゃー、病人ってのは怖いねぇ、事実と異なる事をさも事実であるかのように吹聴して・・・」と言えば誰もてめーの 発言を信用しない」このような事を声を荒げて口にした後再びその発達障害と思われる女性の横面をはたき 「殺したって こっちは罪に問われない・・・うまく「病人ですからねぇ・・・暴れて押さえつけたら・・・」と言えば誰もこっちの発言を疑わない」 そう言うと固く拳を握りしめて発達障害の女性を殴りつけた。 更に「鬱病患者」ってのは、怖いねぇ「自殺しないんだから」その神経たるや・・・自分だったら 「精神科の敷居を跨いだら」自殺しますよ・・・どういう神経しているんだろう・・・あ、だから 「おかしい」のか・・・「鬱病患者」なんててめーでは「まとも」と思い込んでいるんだろうね・・・こっちからすれば重度と一緒「ガチキチって自覚もない連中」 「こちらからすれば「発達障害」の連中なんて「本物の狂人」社会に出てくるなよって感じ・・・ま、「この事実を自覚していたらまともだわな」健常者って立場の高い者と 同じ空気を吸えるんだからありがたいと思えや」 「就労移行事業所だって・・・笑わせるなよ「発達障害の連中の就労を支援」するだと・・・こいつら人間じゃーねーじゃねーか、そんな支援するから「ガチキチが付けあがる」「ガチキチを付けあがらせようってんだから「就労移行事業所」に勤めている人間なんて「立派な犯罪者」 このような罵詈雑言を常に入居者に対して口にしている。 当時困窮状態でスマホも所有しておらず、映像証拠も音声もないですが事実です。 西落合更生施設けやき荘の電話番号03-3953-8551 社会福祉法人 特別区人事・ 厚生事務組合社会福祉事業団 tswa-swc@beach.ocn.ne.jp 03-6666-1046

  • vnm********

    5.0

    面白い!大人の映画だよね

    おじさん達のエロ妄想生活が面白かった、これが笑って見られないのは可哀想

  • blu********

    5.0

    ネタバレブレイクエドワーズの妄想コメディ最高傑作

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tam********

    4.0

    42歳の抵抗

    ブレーク・エドワーズ監督の快作。 クルーゾー警部シリーズに比べると毒気がやや薄いが、おしゃれ度合いが高いハイ・セン・スコメディ。 主役のダッドリー・ムーアが良い。 《ファウル・プレイ》では、ゴールディ・ホーンを食っていたほどの可笑しさは健在、圧巻だった。 あの時、彼の主役でコメディを観てみたい・・・と思ったのが実現したもので、僕の想い入れも大きい。 今回、彼も一枚看板だからそれなりに自重しながらも、大人の哀愁を漂わせたコミカル演技に徹していた。 なかなかの出来だ、もしかしてジャック・レモンの域になれるかも・・・がんばれ。 ご都合のいいストーリーだが、コメディだから当然全く気にならない。 歌手サム(ジュリー)を恋人に持つ42歳の作曲家ジョージ(ムーア)が10点満点(テン)の美女ジェニファー(ボー・デレク)に恋焦がれ追いかける・・・が本筋。 実際は、常にサムとの中年カップル愛が基盤になっていて、コメディとしてはこのふたりのギャグにおおいに笑わされる。 古典的な電話のギャグ、望遠鏡ギャグもピンクがかって愉快だ。 一方のタイトルにもなっている理想の女性「10」を追跡する小男のジョージ、超グラマーのジェニファーとの見た目アンバランスな笑いから、懐かしくも何の変哲もない「熱砂に裸足」ギャグにいたるまで、今では珍しいほどオールド・ファッションな構成だ。 ところが「10」が、SEXに関しては極めて開放的なハリウッドタイプと知るや、とたんに興味をなくしてしまう保守派ジョージ。 ありきたりだし、せっかくここまできて残念だし、コメディとしての勢いをなくしてしまった。 なによりも観客に対する一種の裏切りだが、憑き物を落とさなければ、インテリ派のサムの元に戻って、めでたしめでたしとはならない。 中年男の麻疹と言われる「抵抗物語」に付き合わされた思いがした。 記:1980年2月14日

  • iso********

    1.0

    ただのストーカーやんけ

    タイトル通りかわいい女の子に興味をもち、彼女が行くとこ行くとこ追っていく求愛映画。 ラブコメの部類ですが、笑いどころはないし、、だらだら女の裸流しているだけで見る気が失せます。求愛した女の子が(テン)10点満点といいますがあまりそうとも思わないのがとても致命的な欠点でしょう。 まぁ時代が違う映画ですからねぇ。10点満点中2点。だけど、音楽だけはテン(10点満点)そしたら映画じゃなく、PVじゃね???

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
テン

原題
10

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-