ここから本文です

天国から落ちた男 (1979)

THE JERK

監督
カール・ライナー
  • みたいムービー 12
  • みたログ 98

3.88 / 評価:24件

スティーヴ・マーティンの劇場映画初主演作

  • hoshi595 さん
  • 2011年5月18日 3時25分
  • 閲覧数 582
  • 役立ち度 11
    • 総合評価
    • ★★★★★

スティーヴ・マーティンの傑作映画は「大災難P.T.A. 」
で、共演のジョン・キャンディと息の合った演技で
旅行中のトラブルが描かれている。

本作品は、そのスティーヴ・マーティンの劇場映画
初主演作であった事は知らなかった。

『サタデー・ナイト・ライブ』で鍛えただけあって
無難な出発と言えるが、真面目な男が似合うので
大雑把な性格の共演者がいればなお良かった。

物語は、世間知らずな男が都会での成功を求めて旅立つ
のだが、往く先々で新しい体験をしながら少しずつ社会に
順応していく有様が可笑しい。

相手役は、再度スティーヴ・マーティンと共演した
「ベニーズ・フロム・ヘブン」でゴールデングローブ
女優賞を受賞のバーナデッド・ピータース。

本作品では、消化不良気味のコメディで今一つ笑いが
取れないのだが、ここでの共演が活かされての受賞に
違いない。

邦題の「天国から落ちた男」から、天使が地上に
落ちてきたのかと想像したが、大外れだった。

アメリカン・ドリームを織り交ぜながら、その時代を
象徴する映画のパロディも加え、正にアメリカ人好みの
映画に仕上がっているが、まだまだスティーヴ・
マーティンの本領発揮とは言えない出来である。

笑いの中に人情味が溢れる点は評価出来るが、全体と
しては深みに欠けるので、平凡な作品に仕上がっている。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ