ここから本文です

ドゥ・ザ・ライト・シング (1989)

DO THE RIGHT THING

監督
スパイク・リー
  • みたいムービー 98
  • みたログ 622

3.46 / 評価:179件

正しいことは何なのか

  • pep***** さん
  • 2020年6月8日 0時27分
  • 閲覧数 442
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

スパイク・リー監督作品は知的でクールという印象。
この作品にもそれを感じる。
白人と黒人・善人と悪人・平和と暴力
人種差別やめよう!平和に解決しよう!
この映画はそんな単純な構造ではない。
それアリ?そう行く?
心安らかにはしてくれない。
イライラ、モヤモヤ、えっー?

予定調和をぶっちぎり
一人一人も町も多面的だ。
ブルックリンに生きる人の
様々な日常のレイヤーを見せてくれる。
だからこそいろんな想像力を
つけてくれるということも。

最後のエンディングで
キング牧師とマルコムXの
暴力に関するエピソードが紹介される。
意見の相違が示されてはいるが
ここもどちらがどう、という示唆はない。

まあ、監督にブルックリンや
ブラックアイデンティティへの
愛情があるからこそ、
こんなぶっちぎった内容が
描けるんだろうな。
ブラックアイデンティティだけでなく
それぞれのカルチャーへのリスペクトがないと
逆にあそこまで言えないか?笑

今また大きなうねりとなっている人種差別問題のデモ。
ニュースから受け取る話だけでは
見落としてしまうこともあるかも。
想像の幅を持っておくためにも
こういう映画も見ておいたらいいと思います。

Do the right thing.
正しいことは何なのか。
Fight the power.
権力(力)と闘え。

ただ、すっきりしたい人には進めません。
モヤ〜ンとします。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ