ここから本文です

ドゥ・ザ・ライト・シング (1989)

DO THE RIGHT THING

監督
スパイク・リー
  • みたいムービー 98
  • みたログ 622

3.46 / 評価:179件

完成度高し

  • arl***** さん
  • 2020年6月30日 18時28分
  • 閲覧数 15
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

被差別階級の悲しみが凝縮されていてその中にユーモアも溢れている。完成度の高い映画です。長い間抑圧され続け鬱屈した魂が時に触れて噴出する。

最近、ドキュメンタリーで見たお話。奴隷制度が廃止されて、ただ同然の労働力がなくなったことで白人社会がうまく回らなくなった。そこで白人が考えたのが刑務所の囚人を労働者として供給すること。隷属的強制労働を禁じた合衆国憲法修正13条では、犯罪者は例外とされています(抜け穴を作りました)。そうして黒人はわずかな罪でも、さらには罪がなくても刑務所送りにされるようになったのです。
奴隷解放以前に「逃亡奴隷狩り」のメンバーだった白人が「犯罪者づくり」のために警察組織を作りました。警察が黒人をいじめる構図は連綿と続いているんですね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ