ここから本文です

ドゥ・ザ・ライト・シング (1989)

DO THE RIGHT THING

監督
スパイク・リー
  • みたいムービー 105
  • みたログ 638

3.48 / 評価:191件

強く刺激を受けるけど、それが何か掴めない

  • エル・オレンス さん
  • 2021年6月11日 23時31分
  • 閲覧数 39
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

黒人だったりイタリアンだったりアジアンだったり。
若かったり年寄りだったり、
働いたり働かなかったり

そんな多種多様な男女たちが、猛暑の中でエネルギッシュに絡み合う終始アクセル全開の群像劇に仕上がっています。

30年以上経った今観ても、巧みなカメラワークや演出に魅せられます。

冒頭からじわじわと増していく男たちのストレスや憎悪が一気に暴発したかのような怒涛のラスト展開は迫力あり。(撮影大変だったろうな~)

登場人物の誰一人として共感できないし(特に主人公。無責任に女を妊娠させるし子供放置だし、店を襲撃され失意の底の店主に給料を要求したり、かなりドン引き) ストーリーもたいして中身がある訳じゃないけれど、観ていて強く刺激を受ける。でもそれが何なのかは掴めない。そんな不思議な映画。

いずれにしよ、当時32歳の若きスパイク・リーの出世作にして最高作には違い無いです。



=================================

★1989年ゴールデングローブ賞【ドラマ】 作品書ノミネート

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • スペクタクル
  • 不思議
  • 勇敢
  • 絶望的
  • セクシー
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ