ここから本文です

トゥルー・ブルース (1990)

TOO YOUNG TO DIE?

監督
ロバート・マーコウィッツ
  • みたいムービー 19
  • みたログ 224

3.08 / 評価:26件

若いブラピ

  • ferrari_models さん
  • 2005年11月29日 7時54分
  • 閲覧数 294
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

若き日の、おっさん臭いブラッド・ピット(笑)

不幸な境遇を過ごしてきた、10代の殺人犯の少女の死刑の是非を問う、いかにもアメリカらしいと感じた作品。日本であれば間違いなく少年法により更生施設に入れられてハイ終わりみたいなところ。

「同じ境遇で育っても医者になる子はいる」という劇中のセリフにもあるように、自分の境遇と殺人という罪を天秤にかけてはいけないと思いつつも、日本の裁判であれば情状酌量の余地はあると思えるような展開で、死刑というのがいかにも映画的に感じた。

死刑の是非、少年・少女の犯罪というテーマとしては非常にいいと思えるが、映画的な結末というか、たとえばブラッド・ピットはどうなったのか?とか、殺人と同時に麻薬についての罪は問われないのかなどの描きこまれていないのでは?と思える部分も少なくなかった。

http://ameblo.jp/anier/

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ