ここから本文です

ドールズ (1986)

DOLLS

監督
スチュアート・ゴードン
  • みたいムービー 8
  • みたログ 75

3.70 / 評価:23件

コレ観て人形捨てれなくなってしまった

  • tengu3711 さん
  • 2009年2月15日 1時48分
  • 閲覧数 450
  • 役立ち度 12
    • 総合評価
    • ★★★★★

これ、泣けるんだよね。当時、「ザ・フライ」より、こっちの方に感動した。

「怪奇大作戦」でもやってるネタなんだけど、アノ話をもっとメルヘンチックにしたら
 この作品になる。

たわいないホラーストーリーなんだけど、
子役の女の子と、人形たちの間で交わされる愛情関係が温かくていいんだな。

デブが童心にかえる事によって、命を救われる件も、
変に明るく描こうとしてないから、余計、身につまされる。

童心かぁ・・・パンクの娘たちが、人形をはたき落してラジカセ置く場面や、
怒った父親が、人形を引き千切ろうとする場面。
心が痛みます。

何でああゆう事できる人っているんだろ?
チューリップの花を傘で叩いたり、樹にナイフで落書きしたり・・・
「ブラックスネークモーン」って映画の冒頭、
逃げた奥さんが創った花畑を、滅茶苦茶にするシーンがあって、
もうそこで、観賞するのを辞めました。

物言えぬ綺麗な花を傷つける様な監督の映画など、観たくもない!

大人になると共に、弱い者に対する思いやりをなくし、
現実感を伴わないものを馬鹿にする姿勢をとる人は多い。
夢のあるものを大切にできないって、悲しい大人だよね。

ラストの少女のセリフに泣けたんだ。

「あなたが、この人形達を素敵と思ってくれたなら・・ただ、それだけを思ってくれたら 人形は、何もしないわ!」

「死霊のしたたり」を創った監督とは思えないくらいメルヘンでした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • ファンタジー
  • 絶望的
  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ