上映中

都会のアリス

ALICE IN DEN STADTEN/ALICE IN THE CITY

111
都会のアリス
4.1

/ 101

45%
31%
18%
5%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(22件)


  • エル・オレンス

    3.0

    さすがに起伏が無さ過ぎる。

    おそらく、ヴィム・ヴェンダース監督の作風は自分の趣向に合わないのでしょう。以前観た『パリ、テキサス』(1984)然り。 ですが、モノクロ映像を通して、印象的な場面があちこちに登場します。少女に撮られたジャーナリストのしかめっ面写真、カメラ目線で自転車を漕ぐ少年、そして列車の窓から乗り出す2人のアップから、次第にカメラを引いていき、列車全体、そして美しき田園風景全体を映して幕を閉じる演出・・心に染みました。

  • npp********

    5.0

    不器用な2人の旅

    うだつが上がらない男フィリップと少女アリスの旅・・・ 淡々としており、それが心地よい。 2人で証明写真を撮るシーンが印象に残る。 1枚ずつ表情が変わっていき、最後の1枚では2人仲良くニッコリ その写真を眺めて思わず笑ってしまうアリス アリスの隠しきれない子供っぽさが上手いなぁ~ 自然と入っていく映像や音楽が素晴らしい。 汚い心が洗い流されるような感覚・・・ 旅を続けても親子というわけではないので、どうしたって別れが訪れる。 ほのぼのとしていた空気が一気に切ない。 ラストシーンは卑怯・・・・・ 物語は平坦なんだけど鑑賞後の余韻がすごい。

  • y_9********

    5.0

    いつまでも見ていたい

    撮った写真が見るのと違うと主人公は塞ぎますが、人の見る光景には無意識にせよ自分が入っていて、それと同じものを写真に残すには、まず風景の中の自分を明確に意識することが必要です。主人公の自我は何故か傷んで薄れかかっているのでしょう。こういう状態では満足な写真を撮ることはもちろん、旅行記など書けるわけもありません。 そんな主人公と、これも気丈にふるまってはいますが捨て子寸前で心を傷めているアリスという少女との偶然の道行きがこの映画です。 いくつかのエピソードを経て、主人公の自我がちょうどポラロイド写真のように徐々に元の形を現していく過程が描かれます。風景の中に自分に関わる確かな他人を見つけたことで相対的に自我が回復されたのでしょう。 などとわけのわからない理屈はともかく(-_-;)静かで雰囲気のある良い映画でした。どなたか書いていましたが、いつまでも見ていたい気持ちになりました。 パリテキサスの少年も可愛いですがアリスもたいそう可愛いし☆^ー^)それとヴェンダースの映画は見た範囲ですが、悪い奴嫌な奴が一人も出てきませんね、そんなところも心安らぎます。

  • nuk********

    4.0

    ネタバレフィリップが最後に撮れたもの

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • UBUROI

    4.0

    ブッパダールのモノレールに魅せられる

    飛ぶ飛行機を地上から(それはアメリカ)車の中から見上げるシーンではじまり、最後は走る列車を上空から見下ろし、さらにもっと広い地上の眺め、それはルール地方の川に沿って走る列車で、そこには逃亡する男とアリス9歳が乗っている。ふたりは窓を開けて空を見上げる、そこからカメラはぐんぐんと上昇してラストになる。乗り物に対する執着にあふれた映画だ。ヴェンダースの映画はそんな作品が多かったようにも思うが、何分これの前が『非文字』だったから、あの歴史劇に乗り物は登場しない。小舟ぐらいか。だが、ここで驚くのはブッパダールのモノレールである。モノレールが駅を出て行くところを列車後部から撮影したシーンが誠に不思議な光景だった。乗り物自体は見えないためにカメラが宙を浮遊するかのように、しかしそれは一定の軌跡の上を走っている(飛んでいる)かのように見えるのだ。ヴェンダースはブッパダールのモノレールを再度、映画の中で映し出しているが、それは地上からダンスのエチュードする者たちの姿だ。踊る人々の上をモノレールが通過していくのだ。どちらかといえば幻滅な作品『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』でだ。ともかく主人公の男はアメリカのルポルタージュを書くことを諦めニューヨークから飛行機で祖国ドイツに向かおうとする。そこにアリスと母親が現れる。3人は空港のストライキのために足止めをくらい、しかたなくアムステルダム行きの飛行機を予約する。翌日母親は失踪する。アリスを男にゆだねて。二人はニューヨークからアムステルダムに向かい、そこで母親と合流するはずだったが現れもせず、アリスのおぼろげな記憶をたよりに祖母の家を尋ねることにする。それがブッパダールだ。さらにルール地方へ、そして男の実家へ向かう列車で映画は終わる。

  • oce********

    4.0

    男と少女は旅に出る

    ヴィム・ヴェンダースといえばやはり旅を抜きには語れない。 ドイツ人ジャーナリストのフィリップと、空港で出会った少女のアリスとその母親。 しかし母親は姿を消し、フィリップとアリスは母を探す旅に出る。 全編モノクロで展開するロードムービー。 ドイツの景色もモノクロだとまた違った顔を出す。 決して大げさに親しくなろうという描写はないのだが、二人の関係が疑似の父娘のように見えてくる。 その意味で「ペーパームーン」と似ているのだが、ラストの別れに寂しさを無性に感じる。

  • afe********

    5.0

    ネタバレ現実に見つける哲学

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • どーもキューブ

    4.0

    ヴェンダースの都会の孤独なアリス

    ドイツ作品。1972年、脚本、監督ヴィムヴェンダース。 えーずーっと半年、ホラーとロマポルを見ていたので、久々に欧州映画が見たい という衝動にかられ、前から見たいリストにノミネート。ドイツから飛び出したロードムービーの走者から今や音楽映画の情熱的なアプローチから今や無国籍な映画を撮り続けているヴィムヴェンダース監督。 はじめは完全兄貴の影響であります。ダビングされた「パリテキサス」「ベルリン天使の詩」からが、導入部。 本当にとっつきにくい 娯楽は無い 退屈な瞬間の連続 のような ヴェンダース映画ですが、 わかりやすい映画ばかり見てくるとたまーに 見たくなる心象風景映画のヴィムヴェンダース。 ヴィムヴェンダース映画は、一本みて あわないと思った方は一生見ない方がいいと思うくらいある意味軽い忍耐が必要だと思いますね、正直。 日活DVDにて鑑賞しました。 物語はさえない物書きドイツ人の男。ひょんなきっかけからニューヨークからアリスという名の少女を連れてロードムービーする物語。 アリスがまあ かわいい 憎い 退屈そう 冷たそう そんな表情が見れます。 見ていて個人的になんか自分が若い頃を思い出したんですよね。 まだ時間を持て余していて やることなくて 不満を持って金はない みたいな若い頃の心象を主人公の見る風景に 次第に 自分自身も思い出してしまいましたね。 暗いんです。とにかく本作の ダークな時間の持て余し方 が漂っています。 アリスは常に不満そう。 ぶっちょうずらで笑顔のエの字も魅せてくれません。 なんでラスト付近の少しだけほっこりするヴィムヴェンダースの風景の素晴らしさが まさしくヴェンダースのロードムービーの持ち味であり 彼の作風であるよなぁと改めて感じ直しました。 またヴェンダースロード風景も必見! よく出るヴェンダースアイテム必見! 列車 飛行機 車 モーテル テレビ 風景 カフェ 粒子の荒い白黒画像も必見! あとアレッ!と思ったんですが、幾つかロックが流れます。詳しくないんで省きますが、チャックベリーが素晴らしい存在感を持って本作の孤独なフィルムに音を刻んでいました。かっこいいというか存在していた感じに見えましたね。そうおもわせる力があります。劇中では、良かったゆと言ってましたが、、。 ヴィムもジュークボックス近くでちょいと出演してるのは、鑑賞後文献読んでわかりました。 アリスの可愛げの無い子どもっぷりもスゴいなぁ。 かわいい、元気、愛嬌あるとは真逆の子どもの姿 本作を見て都会のアリスというか 都会の自分 都会の中の田舎もんの自分をなぜが思いながらロードムービーしたヴィム体験でしたぁ。 さて ヴィムヴェンダースが魅せる 都会中の孤独な2人 都会のアリス ぜひ旅してみませんか? 追記 調べるとヴィムヴェンダース、28の時の映画なんですね。 確かにある意味若い感じがあるんだけど、大人な感じと時間を持て余す感じが素晴らしいですね。 娯楽や起承転結よりも、ていうか無視してますよね。 毎日旅しながら撮ってたんじゃないのかなぁ。.

  • じゃむとまるこ

    4.0

    オン・ザ・ロード・アゲイン!

    1973年、ヴィム・ヴェンダース脚本、監督作。 ガソリンスタンドと車、ジュークボックスとロック、そしてスピード写真機など、その後のヴェンダース映画を彩る様々なアイテムが勢揃いしたロードムーヴィー。 主人公は、アメリカ旅行記を書くためにアメリカを旅したものの、写真ばかりが増えて肝心の物語が書けないジャーナリストのはしくれ。その彼が帰国途中の空港で出会った少女アリス。 少女の持つ写真に写った祖母の家を探しに、ニューヨークからアムステルダム、そしてドイツへと旅を続ける。 キャンド・ヒートやチャック・ベリーの音楽が寡黙なふたりの心の絆を深めていく。 警察への捜査を依頼しながらも、旅を続けるふたり。 人と人とのつながりの不思議といとおしさを感じさせる秀作です。 見つかった祖母と母の元に鉄道で向かうラストシーン、上空から撮影した二人を乗せた列車の走り抜ける光景は深い余韻を残しています。 1984年   パリ・テキサス 1987年   ベルリン天使の詩 1999年   ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ と、独特の魅力を放つ、ヴェンダース監督、28歳時の、心優しい、才能溢れる映画 モノクロ作品、とても魅力的。

  • min********

    4.0

    ネタバレ心地よい気分になるロードムービー

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kan********

    4.0

    ネタバレこれぞロードムービー

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • jun********

    3.0

    台詞がすてき

    ヴィム・ヴェンダース監督、1973年の作品。 独特の時間と音楽の流れ方はこの作品でも既に明らか。 空港でたまたま会った女性は、いきなり9歳の娘を置き去りにする。女の子を託されてしまった男。 「独り言は一人で聞くこと…」とメランコリックに、そして無気力に呟いていた男に、図らずも旅の連れができる。はたして少女の身寄りは見つけられるのか。 ゆっくり流れる景色にたまに倦怠感を覚えるが、これまたたまに台詞にドキリとさせられる。

  • 一人旅

    4.0

    『父親みたい。』『自然にそうなるんだ。』

    最近観た『ペーパー・ムーン』に似ている。ひょんなことから少女をアムステルダムまで送ることになった男。しかし少女の母は約束の場所に姿を見せない。少女の祖母の家を探すため、2人は母国ドイツへと旅に出る・・・。少女のうつむいた表情や男のやるせない感じが印象的だった。全体的に暗めなんだけど、2人は旅を楽しんでいるようだった。なかでも、仲良く2人で写真を撮るシーンや、男が徐々に父性を感じて、まるで父親であるかのように少女に接するシーンがお気に入り。

  • ton********

    5.0

    ヴェンダース節

    監督・脚本は敬愛すべきヴィム・ヴェンダース。手放しで喜べる、僕にとって貴重な存在であり続ける監督でもある。初期の作品。 彼の映画では一人称的なつぶやき、独り言が多く、つきあいきれないとひどく退屈感を覚えてしまうだろうな。でもそのつぶやきに耳を澄ませ、彼らの道中を漫然と追い続けるのも結構な魅力でもあるのだ。 ロードムービーと云われるが如く、アメリカを旅していたドイツ人青年が、9歳の女の子と道中を共にするだけの、あまりパッとはしない物語だけれども、その画面の節々に監督の色んな思いが込められていて、結構おかしい。例えば彼の持論でもある、TVの無機質さを繰り返し訴えるあたりは、その後の作品でも通底する問題意識であり続ける。 おそらく所謂娯楽映画とは、遠くかけ離れたころに位置する作品ではあるが、こんな映画を愛する人々は確実に居るのだろうし、映画史に欠かせぬ一側面を築いた作品として語り継がれてゆくと思う。

  • rqx********

    4.0

    ただ漫然と、飽きさせず。

    だらっとなりそうで、ならない、重たくなりそうだがギリギリのラインっで保っている ストーリー構成。ロードムービーの真髄を心得ている映画。鑑賞後、何か煮え切らなさ (ストーリーとして観て)がのこるが、なぜか良い映画みたなあ、と余韻に浸れる、時間 を忘れてリラックスして観たい。時に入るアメ文化への批判的描写がヴェンダースらしい ストーリーを主体としてしっかりした起承転結の波に感動する映画も悪くはないけど、 あまり物語の流れをきにせず、登場人物の感情の機微に触れ、漫然と過ぎゆく時間と行動 を眺めながら感性を便りに映画を観るのもいいなあ、と実感させられた作品だった。 ホットドッグが食べたくなったな(笑)

  • fbx********

    4.0

    ロードムービーとは?

    ロードムービーって決して一人ではない。 ヴェンダースの映画でも、彷徨う人の隣にはいつも 誰かが寄り添ってくれる。 幸運にも劇場で見れた。 後、100回は見たい。

  • pgt********

    4.0

    ネタバレ今ならもっとわかるはず

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • いやよセブン

    5.0

    人生はちょっとしたきっかけがあれば

    アメリカ紀行を書くために放浪していたが、一行も書けず資金もそこをつき、ドイツに帰ることにした青年。 しかし、空港で同じくドイツに帰るという母娘と知り合い、娘を預けられる。 ドイツの空港がスト中なのでアムステルダムに向かい、そこで母親と落ち合う予定だったが現われない。 仕方なく、娘の記憶を頼りにお婆さんの家に行くことにしたのだが。 いつもイライラしていて、テレビが大嫌い、そんな青年が少女と心を通わせるうちに、素直に文章が書けるようになっていく様は説得力がある。

  • kee********

    3.0

    少女の半裸…今なら無理

    9歳のアリス役の少女が可愛い。いかにも東欧系の白人顔だ。性格はまったく人見知りしない、ちょっと生意気、ときにセンチメンタル。恥じらいもあり、嘘もつくし嫉妬も見せる。 一方、アリスと旅する冴えない男が、どうみても変質者である。彼のニューヨークの元恋人の女も不気味だ。 アメリカを離れオランダへ行ってからは、作品全体に陰鬱な雰囲気から解放される。 注目は、終盤の川遊びと直後の着替えシーンでアリスが上半身裸になる。ふくらみかけた乳房もあらわに。必然性がないのに裸になった感じが否めない。今の時代ならおそらく倫理的に無理。アメリカ映画でなく西ドイツ製作というのも関係あるだろう。 今ふつうにレンタルDVDですら見れるのが不思議。

  • jad********

    3.0

    ロードムービーとは

    この作品が最初なんでしょうか?戸惑いながら男の人が、アリスに巻き込まれていく作品は、その後もオマージュとして?採用されていますね。

1 ページ/2 ページ中