レビュー一覧に戻る
ドクトル・ジバゴ

ドクトル・ジバゴ

DOCTOR ZHIVAGO

PG12194

kaz********

5.0

20数年振りに見た、やっぱり名作だった!

BSでかかるというので観た。前に観たはずだったが、すごい映画だったという印象しかなく、筋書きシーンはほとんど忘れていた。 今回、ラッキーにもテレビ番組表でタイトルを見つけ観ることが出来た。御多分に漏れず、やはり素晴らしい作品だった。最初のシーンは何のことか全く分からなかったが、最後の最後で理解できた。 それにしても、今から約100年前、ロシアでは革命がおきて、街中は過酷な状況だったのだろう。汽車に乗れば雪の世界、銀世界はきれいでもあるが、どんよりしていてはこれほど憂鬱なものはない。そこにパルチザン、強制連行。 前見たときは、1905年日露戦争終結。1905年ロシア第1革命。1914年第一次世界大戦勃発。1917年ロシア2月革命。等々の予備知識が不足していたが、年をとるとともに周辺知識が増えた。これは、アメリカ、イタリアの合作映画。そんなこともちょっとは頭に入れて、映画鑑賞に臨んだが、やはり素晴らしかった。ラーラの美しさも印象に残った。ジバゴは決して怒るようなことはなく、忍耐強く、時代に合わせてギリギリに生きるところも魅力だった。 映画は、このように必死で生きる人々を描くような作品が、私は好きだとあらためて分かった。 今回、この映画と再開出来てよかった!

閲覧数1,623