ここから本文です

トコリの橋 (1954)

THE BRIDGES AT TOKO-RI

監督
マーク・ロブソン
  • みたいムービー 3
  • みたログ 38

3.55 / 評価:22件

実写の迫力・・・

  • tot***** さん
  • 2012年12月29日 23時00分
  • 閲覧数 948
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

朝鮮戦争における空母艦載機パイロットである米海軍士官のお話。本国から遠く離れた地で行う戦争の意味も問うているが、家族への愛、救援ヘリ操縦士との友情もサラッと描いている。ラストは、主人公、戦友ともに戦死するという悲しさ。でもちょっと中途半端で退屈なところもある。ただ、空母から発艦・着艦するジェット機の実写映像は迫力十分でよかった。戦闘・爆撃、不時着シーンなどは特撮だけど、これもまあまあ上手く作ってある。「慕情」でも朝鮮戦争で死んだ主演W・ホールデン、2回も朝鮮戦争で死んでしまった・・・。それと出てくる日本人・・・向こうの映画ではよくありますが日系人を使っているのか日本語ヘタすぎ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ