ここから本文です

季節の中で (1999)

THREE SEASONS

監督
トニー・ブイ
  • みたいムービー 18
  • みたログ 80

3.87 / 評価:31件

「ベトナムらしさ」以外はとくになし

  • achakick さん
  • 2009年6月17日 0時54分
  • 閲覧数 941
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

70点

シクロという自転車型タクシーの運転手。
彼に見そめられる売春婦。
路上でタバコとガムを売って生活をしているストリートチルドレン。
ベトナム人との間に産まれた、会ったこともない娘を捜すアメリカ人。
花売りの女と彼女の雇い主であるハンセン病の主人。
そんな人物たちがくりひろげる人間群像劇。
舞台となるベトナムの文化、風景が映画をひっぱってる感じで、シナリオは弱い。
ベトナム人たちの様子も、ベトナムの血をもつ監督が撮ったものにしては「ベトナム人のイメージ」っぽく、いかにもな感じ。
ラストの白いアオザイと朱い木々の映像は綺麗だったけど、ストーリーの締めとして綺麗すぎる気もする。
「自分らしく生きていけばいいんだよ」みたいなオチのセリフは、あきらかにいらなかった。
朱い風景の中で白いアオザイを着た元売春婦の舞いだけで充分だった。
丁寧なつくりの映画なんだけど、ベトナムの異国情緒以外、これといったものはない映画。
シクロの運転手役の俳優はなかなかよかった。
それと「うちには屋根がないから寝てると満天の星空がみえる。だからうちは三ツ星どころか千コ星のホテルだよ」というセリフが印象的。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ