レビュー一覧に戻る
突貫勘太

突貫勘太

PALMY DAYS

77

bakeneko

5.0

ネタバレええっ!プール水泳は全裸なの♡

公開時に日本では“勘太”と呼ばれたエディ・カンター主演のコメディで、いんちき占い師の下で働いていた主人公がドーナッツ&パン製造企業にアドバイザーとしてもぐり込んだことから起こる珍騒動をスラップスティックアクション&歌&踊り&レビューをふんだんに盛り込んで魅せてゆく娯楽作であります。 その後に大物俳優&名映画人となる人々の売り出し時代も観ることが出来る作品で、ゴールドウィン・ガールズの一員だった:ベティ・グレイブル、ポーレット・ゴダート、ヴァージニア・グレイ、トビー・ウイングがパン工場のガールズに扮してレビューダンスを魅せてくれます(なんとレビューガールズ達のシャツの下はノーブラであります♡)。 更に、まだチンピラ役のジョージ・ラフトには台詞がありますし、先年映画に進出したばかりの振り付け師:バスビー・バークレーはこの頃からシンメトリックなレビュー構成を試みていたことがわかります、そしてミュージカル部分の音楽担当のアルフレッド・ニューマンも彼らしいスコアと演奏を聴かせてくれます。 また、「フラッシュ・ゴードン」シリーズでの悪ボス:ミン皇帝で大人気となる:チャールズ・ミドルトンはインチキ占い師に扮して後年の役を予感させますし、後にブロードウエイの「サウンドオブミュージック」や「オクラホマ!」などをプロデュースすることになる:シャーロット・グリーンウッドもヒロイン?を元気一杯に暴れ倒しています。 後に日本では榎本健一(エノケン)が参照にした、エディ・カンターの顔芸とスラップスティックアクションが愉しめる長閑なコメディで、後に大スターとなる女優の卵達が魅せる、まだヘイズ・コード(1934~68年)が発令される前のお色気レビューは必見ですよ! ねたばれ? 1、原題:Palmy Daysは直訳すると“華やかな日々”ですが、Palmyはpalm(=手相)と掛けていて、“いんちき占い騒動”の意味も含んでいます。 2、映画を観ながら“アヒルの口パク”が自分にも出来るか試していた人は手を挙げて!(え~っ、私だけ!) 3、よく考えたら、物凄く少額のお金を奪い合っていない?

閲覧数419