奇人たちの晩餐会

LE DINER DE CONS

80
奇人たちの晩餐会
4.1

/ 240

40%
40%
12%
5%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(112件)

笑える25.6%コミカル21.6%楽しい19.4%知的8.8%切ない4.7%

  • mas********

    5.0

    最高のフランスの笑い

    次から次へと続くフランスの笑い。これぞフランス映画の最高峰。。 これまでに観た映画で、声をあげて笑った数少ない映画の一つ。。 最高の八十分。。

  • エル・オレンス

    4.0

    ネタバレ仏映画ならではのシナリオの良さが光る。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • chouchoutte

    2.0

    笑いものにする映画?

    爆笑できるコメディでよくみかけずっと気になっていました。しかし、全く笑どころがわかりませんでした。切実に皆さんに「ここ、ここ」と詳しく笑うポイントを教えていただきたいです。この映画のメイン笑わせポイントはなんですか?主人公の趣味に関しては単に芸術、加えてどこかでみた「笑わせ方が惜しい」のも共感です。急に物わかりが良くなる主人公。感覚の相違なのでしょうか。フランス映画はプチ二コラのどたばたが好きで、それも誰のことも貶めないから好きな部分もあるかもしれません。『メルシィ、人生!』のほうが、よわよわなサラリーマンが勝手に問題を起こしながら進む映画なので素直に観られました。

  • kuu********

    4.0

    ネタバレ愛すべきバカ(笑)

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • fg9********

    5.0

    芸術的タイミングでおバカ炸裂!! 

     …あらすじは、解説のとおり。  タイトルからして、奇怪な晩餐会の模様が描き出されるのかと思って観ていたが、全然違っていて、金持ち連中がおバカ人間を集めて、おバカ度のチャンピオン決定戦を競い合う晩餐会だった。  今回の晩餐会のターゲットはマッチ棒工作を趣味とする人物で、主催者の一人が事前におバカ度を知りたくなって彼を自宅へ招く。  この自宅が全編を通じての舞台。  これはこれは、おバカのレベルの高さに、劇中の主催者同様にヒキツッタ笑いが漏れっぱなしでドツボにハマってしまった!  最後の最後で、おバカ返上でバッチリ決まったと思いきや、芸術的タイミングでおバカ炸裂!!  コメディものはあまり好まないが、これは笑いの大傑作だった。  また、普段は字幕版しか観ないが、本作は日本語吹替え版が絶妙らしいので、是非とも日本語吹替え版も観てみたいものだ。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
奇人たちの晩餐会

原題
LE DINER DE CONS

上映時間

製作国
フランス

製作年度

公開日
-

ジャンル