ここから本文です

奇人たちの晩餐会 (1998)

LE DINER DE CONS

監督
フランシス・ヴェベール
  • みたいムービー 224
  • みたログ 822

4.12 / 評価:236件

素敵だよ。

  • hamutyu さん
  • 2008年2月8日 22時18分
  • 役立ち度 42
    • 総合評価
    • ★★★★★

超の上に超がつく“バカ”だね…と言うが自然の頭脳伝導が、
自然の摂理に反抗しない生き方をしているピエール・ピニョン。


最初に言っておきますね。
この作品は是非とも〔吹き替え〕で鑑賞を。
フランスのテンポがいい会話もいいのですが、これは字幕を追いかけるのではなくて
ピエールのキュートな一部始終を見て欲しいのです。


毎週水曜日に“おバカの晩餐会”を開く…金持ちが考えた人を“バカ”にしたパーティ。
それまでのその姿はクスクスと軽やかに笑わしてくれた後に、
ピエールが人として気付かせてホロリを見せてくれます。


普段、こんな人を見て会話がうっとおしく思えたり、
しつこさを感じる人にはピエールを愛せないでしょう。
迷惑だと思っているのは、自分の勝手な気持ちだから。
その人の世界を少しでもわかって接してあげたら、以外と楽しくなるんですよ♪


ピエールが面白いほどに、何かすればするほど裏目にでちゃう流れがたっぷり。
上手に話しの展開も作られていて、オチのタイミングもばっちりです。


天才ほど奇人が多いというように
【本当のおバカは誰?】をテーマにしていると思います。

ジャック・ヴィルレはもうこの世にいないため、
キュートな笑いを見ることができなくなってしまったので、
とても貴重で笑いの感動すべき作品となりました。


・・・・ダスティン・ホフマンがリメイクで作られるそうですが・・・・

鑑賞後になんて自分が小っちゃい性格なんでしょうって思えちゃいますよ。


オススメ度 満点でチュー。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • 知的
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ