ここから本文です

奇人たちの晩餐会 (1998)

LE DINER DE CONS

監督
フランシス・ヴェベール
  • みたいムービー 223
  • みたログ 822

4.13 / 評価:237件

バカウケ

  • ねじまき鳥 さん
  • 2009年4月7日 22時53分
  • 閲覧数 352
  • 役立ち度 26
    • 総合評価
    • ★★★★★

フランス映画好きの友達にめっちゃウケると紹介されてはまって以来、折りに
ふれ鑑賞しちゃう大好きな作品。

何度みてもあの間といい、テンポといい、展開といい笑えるんだもん♪


ピニョンはおバカさんといわれてますが、ただのおバカなら何も考えず言われ
たことだけをその通りにやるだけ。

ピニョンの何がたちが悪いって、何やら自分に自信がある。
そしてやたら張り切る。
さらには自分の出番をつくろうとかけひきめいたことができちゃう(笑)

なのに実力の程は、恐ろしく簡単に目先の出来事に流され、恐ろしくうっかり
で、恐ろしく頭がまわらず、その行動は全く読めない。


そのピニョンをいくらバカにしようが、自分が「弱みを持っている」と流れは
変わってくる。

どんなにバカにしても、ピニョンしか頼れないとなると、『こいつでも何とか
なるかもしれない…』という誘惑心がわいては、見事に相手ペースに巻き込ま
れ、翻弄されるという顛末の繰り返し。

このパターンが心地好くはまるんです。


そして、悪気が全くない(好奇心はあるけど、笑)ピニョンのことは誰も憎めない。

一瞬腹立たしくなるけど余りに純粋なおバカのレベルの高さに彼を信じた自分が
悪かったと感じるようになっちゃう(((^^;)
このへんが、バカをバカにするというブラックなテーマで下手すると陰気に傾い
てしまうところを、終始明るい方向へともっていってくれます。


軽快な会話の妙にバカウケすることうけあいです(^-^)/

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • 知的
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ