ここから本文です

ルパン三世 ナポレオンの辞書を奪え (1991)

  • みたいムービー 5
  • みたログ 307

3.24 / 評価:63件

ユーモアとは裏腹に登場人物のその後が…

  • 相模の住民 さん
  • 2018年8月17日 21時53分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

1991年放映のこの作品だが序盤からきついギャグが来てます(笑)
ストーリーは国家間が「♪世界中の警察が俺に血眼…」というように
各国が軍事力を行使してまでルパンを逮捕しようと画策します…
アメリカ、ソ連(放映後数か月後に崩壊してしまった…)、フランス、
イギリス…
無論日本も例外ではなく海辺首相(当時の海部首相?
これも放映数か月後に内閣辞任してしまったが…)が銭形に月給を100万に
昇給かつ経費無制限という破格の待遇の条件を提示しゲストヒロインの
木戸千恵子共にルパン逮捕へと動きます…
銭形警部も一時はルパン逮捕に成功しますがホテルへの宿泊中にルパンの
奇策に巻き込まれてしまいルパンも銭形に変装したために木戸千恵子と共に
TEE(実はこの年に廃止された…)でパリへ向かいます…
その後はルパンはナポレオンの辞書を入手しお宝のありかへと向かいますが…
まあ評価は無難ですがいかんせん作画が雑な感がありますが…
あと登場した物がその後に不幸な事が起こりすぎますがね…
(序盤での貿易センタービルもそうだが…)
勿論ルパン三世役の山田康雄氏も例外ではなく…

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 不思議
  • パニック
  • 知的
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ