ここから本文です

けんかえれじい (1966)

監督
鈴木清順
  • みたいムービー 19
  • みたログ 208

3.42 / 評価:59件

鈴木清順を初めて観る。

  • shinnshinn さん
  • 2019年6月27日 14時48分
  • 閲覧数 507
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

監督が鈴木清順で、1966年の日活モノクロ作品。僕はほとんど、この監督の事をよく知らない。脚本が新藤兼人さんなので多少の期待はしましたが、こう言う映画を観ると、動きで笑わせるドタバタ、いわゆるスラップステックな笑いは、日本人には無理なんじゃないのかという気がする(トークで笑わせるのは巧いのだが)。


景色の切り取り方がダイナミックで、構図にも面白いアングルが散見されるのですが、肝心のお話がどうにも古臭い。本作「けんかえれじい」が鈴木清順の代表作なのかと、勝手に期待したのだが、これが氏の最高傑作だとすると、あとは観なくてもいいような気もする。


若干22才の高橋英樹が、なかなかの男前です。元気いっぱいなのはいいけれど、少し空回り気味か・・・。カフェの女主人・松尾嘉代も雰囲気だけだし、何が言いたいのかよくわからない。雪の中の2.26の行軍に十字架を踏みにじられるシーンには監督の一体どんな思いがあったのか・・・?ヒロイン道子の行動も意味不明。監督も出征経験者なので、戦争への思いは人一倍あったはずなのだが、そのあたりの気持ちは僕にはいまひとつ伝わってこなかった。最後は主人公が北一輝を追って東京へ汽車に乗ると言う、実にあいまいなエンディングなのだが、続編へ繋げるための演出なのか?結局、続編は作られなかったみたいですね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ