レビュー一覧に戻る
菊次郎の夏

エル・オレンス

5.0

訳も無く涙が込み上げる名作。

これ、あの『HANA-BI』(1998)の翌年ですよ?! 北野武がこんな映画を生み出せる男だったとはと驚愕!今まで数多くの映画を世に出していますが、この1本を生み出しただけで、監督としての功績はかなり偉大です! 特に突飛な冒険をする訳でもないし、たけし本人はいつものたけしなんですが、正男少年と紡ぐ一つ一つの経験や交流がいちいち泣けてくるから不思議です。 たけしと岸本加世子は、前作『HANA-BI』に続き同じ夫婦役でもこのギャップぶりがまた笑えます(笑) そして久石譲のあの名テーマ曲は、いつ聴いても反則すぎる!!一節耳にした瞬間、この独特な世界に溶け込んでしまいます! 本作を未見の映画ファンは大損してます。

閲覧数1,378