レビュー一覧に戻る
菊次郎の夏

n_s********

4.0

こどもとは自分のことだ

自分のルーツに拘わることなのだろうか、母親との関係、様々な「大人」たちとの出会い。「何かありそうだ」とか「知らない人についていってはいけない」などの世間の決まり文句にさらされながら、おとなの原風景が「こども」として描きたかったのではないだろうか。 洋風の美意識を振り切って描いたような映像の印象が残ります。

閲覧数1,408