菊次郎の夏
4.1

/ 737

43%
30%
20%
4%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(167件)


  • roc********

    5.0

    涙にならないけど、泣ける映画

    切なさの中に優しさや笑いがあり、旅を共にする子供にとっては、色とりどりの花火を見てるような夏だろうね。 菊次郎こと、たけしの不器用な優しさが切ない。 はっちゃけたときの面白さは澄み渡る夏空のように晴れやかな気持ちにさせてくれる。 なんか不器用かつセンチな菊次郎を見ると死んだ親父を思い出す。 こんなに弾けてはいなかったけど、、、 あと何と言っても久石譲の音楽がヤバい。合ってない、勿体ないくらい素敵なメロディーなのに、この作品のために作られてる気がする。 この人もまた巨匠であり天才だと改めて感じる。

  • tangodelta987

    3.0

    強くて本当は優しい人になりたいな

    見捨てられた人の感じる寂しさ 悲しさ いつもは気を付けて回避してるけど 昔経験した 嫌な思い出の蓋をこじ開けられたような感覚 蓋を開けて 懐かしく眺められる人は 成長した大人の人なんではないでしょうか 私は 自分のトラウマがフラッシュバックするので すぐ 蓋をしたくなります 痛くて見てられない すべての痛い経験と対峙して行くべきなのかな すくなくとも こういう苦い経験から 優しい人と残酷な人、暖かい人冷たい人ができてくるように思えます 冷酷なくらい強くて本当は優しい人になりたいな 見た目はソフトで優しそうだけど 本音は残酷な人には なりたくない

  • 通りすがりの映画好き

    1.0

    良い映画なのだろう

    映像と音楽は良い。 皆が感動するポイントが分からないでもないが、 それって不良が子猫にエサ与えてたら良い人に見えるアレでしょ? そもそも社会のルールを守らない落伍者に共感なんて出来ない。 アウトローのヒューマンドラマに感動できるのは、違法行為に対する忌避感が欠如したモラルの低い人だと思う。

  • 藤木恵美

    5.0

    何回観てもいいな

    久しぶりに観ましたがやっぱりよかったです

  • ロベルトBADGEお

    1.0

    ダラダラして何が面白いのか

    全く分からなかった。

  • 小島 諭

    5.0

    ネタバレ仕事前には見ない方が良い!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • KP

    5.0

    夏になると観たくなるよな?

    前半が目的地へ向かう道筋で後半はそこから折り返すというロードムビーといしてはとても盛り下がる展開なんだけど じっさい映画館で初めて観た時は後半がイマイチという感想だった でも実際はそのグダグダな後半にこそ旨味が詰まっていて 夏になると観たくなる映画 音楽は言うまでもなく最高

  • a13********

    3.0

    ネタバレクズが子供と一緒に旅する話

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ********

    4.0

    母を訪ねて、では終わらない

    1999年。北野武監督。母を知らない小学生の少年は、夏休みにふとしたことから母親探しの旅に出る。たまたま同行することになった知り合いの知り合い程度のあやしい男と一緒に。男は少年を振り回していい加減な旅を続けるが、少年との間に交流が生まれて、という話。 母親探しの物語はうまく行くか行かないかで終わりだが、映画はそのとき半分程度しか進んでいない。この後、暇を持て余す大人達が少年とともに本気になって遊ぶ過程で少年に笑顔が戻ってくる。もちろん、寅さんなのだが、こういう大人がいなかったらどうなるのだろうと思わずにいられない。 少年から見える世界、だけでなく、とんぼから見える世界も映す。少しずつ重なっている北野映画の世界も味わえる。どの映画にも出て来る海辺のシーンや盲者のシーン、住宅街のシーンは「あの夏~」、天狗のシーンはのちの「座頭市」へ。

  • とみいじょん

    2.0

    「正男の夏」じゃなくて、『菊次郎の夏』

    ”ひょうきん族”系の笑いが好きな人にはたまらないのだろうが、私はだめだ。 ”ドリフターズ”系や、”てなもんや”系が好きなんだと改めて思う。 ひと夏の出来事。 会ったことのない母に会いに行く。 ちゃんと祖母に確認しなくていいのか?訳ありっぽいのにとか、あまりにも無計画で傍若無人な旅に、あきれ、つっこみを入れつつ、ああ、”ひょうきん族”のノリ?要所要所で、関りになる人が、”芸”を披露してくれて、”浅草芸人”のお披露目のように見えてしまう。 と、飽きてきたところに、旅の目的の場面があり、ほろっとしたところで、後半。さらにグダグダな展開が続く。 こう書くと目も当てられないような映画に見えるが、 麿氏演じる怪人が出てくる夢の部分は見事だし(うなされそう)、 トラックの運転手との乱闘の見せ方も見事だし(パントマイム?)、 夜のバス停の場面はそれだけで絵になるし、 正男の母との場面、菊次郎の母との場面は、胸をきゅっとつかまれる。 そして、グダグダなwwwが続く後半。 正男の楽しそうな顔。 祖母の愛に包まれて大切に育てられていることは、着ている服とか言動からもわかるが、こんな風に自分が中心で大人たちからかまわれたことなんかないんだろうな。 触法しているだろという出来事も含めて、絶対に、保護者=祖母とは経験できない”男”?のひと夏の出来事。正男にとっては決して忘れられない夏の思い出。 そんな風景が、久石氏の音楽、時に無音で包まれる。 とはいうものの、タイトルは「正男の夏」ではなくて、『菊次郎の夏』。 子どものお守りを押し付けられ、何とかしてやりたいという気持ちはあるものの、子どもの扱い方を知らない菊次郎。 そんな菊次郎が、正男を通して、子どもの頃から引きずるいろいろな思いを昇華したのかな。正男以上に、菊次郎にとって忘れえぬ夏になったのだろう。 他のレビューによると、”菊次郎”というのは、監督のお父様の名だそうな。 だとしたら、監督が実現したかった、お父様と過ごした夏を描いたのかな?あの親父ならこうだろうって。 DVDのおまけにある子役への監督の演技指導を見ていると、万人受けしそうな表情をする関口君に、監督はわざと不愛想な・下手な演技に見えるような表情をつけたりしている。正男を自分の子ども時代に重ね合わせて、「俺ならこういう表情してたぞ」と言っているのかと思うのは、私の思い込みか? 呼び方が「ボウズ」から「ぼうや」になった点が、とくにそう呼び方を変えたくなると凡人(私)には思えないエピソード(他にそれらしい意味づけをしやすいエピソードはあるのに)なので、失礼ながら、編集・記録・脚本のミスか?とも思ってしまうが、きっとなにか意味づけはあるのだろう。 そんな風に見直すと、いろいろな場面が愛おしくなる。 妙に間延びした展開すら、夏の暑さにうだる様、畑や浜に渡る風を表しているよう。 でもなあ、この映画見返すなら、他の映画を見たい。申し訳ないけれど。

  • n_s********

    4.0

    こどもとは自分のことだ

    自分のルーツに拘わることなのだろうか、母親との関係、様々な「大人」たちとの出会い。「何かありそうだ」とか「知らない人についていってはいけない」などの世間の決まり文句にさらされながら、おとなの原風景が「こども」として描きたかったのではないだろうか。 洋風の美意識を振り切って描いたような映像の印象が残ります。

  • she********

    4.0

    夏休み何をして過ごしましたか?

    兎に角一人の少年、お客さんを楽しませるぞ!と意気込みを感じる今作。 監督によってはとんでもない駄作が生まれそうなロードムービーだがそこは力量故か、実に見所の多い楽しい作品に仕上がっていた。 北野監督は伝説のクソゲー「たけしの挑戦状」を生み出したがこうした話だったら評価も変わっていたかも知れない。(クソゲーと言っても尖ったゲームという印象だが) ゲーム繋がりでふと「ぼくのなつやすみ」を思い出した。 苦しくて楽しくてちょっぴり切ないでもやっぱり楽しい。 夏休み、何をして過ごしましたか? あのね…と語るちょっとした冒険話。

  • fun********

    5.0

    ネタバレ痛み

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tom********

    3.0

    飽きずに観れる

    寂しい少年のために励まそうとしてる菊次郎の姿は感動した。たまにクスッと笑える所もあったが北野武特有の間とか変なダンスシーンなどはよく分からない。 それでも最後には一緒に旅をした感覚になり少年が清々しく走って帰る姿は自身の夏休みに遊び終わって帰る記憶と錯覚し懐かしく思った。 久石譲のSUMMERが神曲過ぎて多用されてても全く飽きずむしろ心踊る。 菊次郎という名前が少年じゃなかったのは少し驚いた。

  • エル・オレンス

    5.0

    訳も無く涙が込み上げる名作。

    これ、あの『HANA-BI』(1998)の翌年ですよ?! 北野武がこんな映画を生み出せる男だったとはと驚愕!今まで数多くの映画を世に出していますが、この1本を生み出しただけで、監督としての功績はかなり偉大です! 特に突飛な冒険をする訳でもないし、たけし本人はいつものたけしなんですが、正男少年と紡ぐ一つ一つの経験や交流がいちいち泣けてくるから不思議です。 たけしと岸本加世子は、前作『HANA-BI』に続き同じ夫婦役でもこのギャップぶりがまた笑えます(笑) そして久石譲のあの名テーマ曲は、いつ聴いても反則すぎる!!一節耳にした瞬間、この独特な世界に溶け込んでしまいます! 本作を未見の映画ファンは大損してます。

  • tat********

    5.0

    音楽!

    映像、ストーリー、登場人物のキャラクター共にいいのだが、何よりも音楽が素晴らしい。 久石譲summerにもっていかれる…

  • ミキ

    5.0

    センスがいい

    達成感を得ることも、感動することもなく、下手糞なリズムを刻みながら、ぎこちなくも淡々と流れていく人生にそっと寄り添い、肩を叩いてくれる、ゆったりとした波長で安らぎを与えてくれる作品。 最初に観た時は、突き刺さる衝撃がありました。以降何度も見ていますが、毎回、見終わる頃に優しい気分になれます。北野監督は、誰かの平凡な人生に気づきを与えるような事がやりたかったのだろうと思っています。 正男というアイテムを使って自己の欲を満たそうとするも、結局のところ正男に感情移入して奔走する菊次郎のギャップに親しみを感じました。正男の痛みを、損得勘定無しに自分の事のように感じ取る心を持ち合わせる、優れた人間のお手本ですね。

  • pri********

    4.0

    自由な夏

    さすが北野武監督! と、思いました。 子供の頃の夏休みや プラプラしていて遊び呆けていた 自由な時間がたくさんあった若い頃の夏を思い出しました。 懐かしいような 温かい気持ちになりました。 たけしさんもとても魅力的でした。 たけし軍団さん達と遊ぶシーンも 大人達が優しさに溢れていて とても良かったです。 この映画の世界観がとても好きです。 また観たくなりそうな映画でした。

  • sha********

    3.0

    79点。秀作

    おもしろい。

  • かぼちゃ

    3.0

    優しい作品

    北野武も強面だけど、根はやさしいおじさんってことですね。ホッとする、時々笑える作品でした。

1 ページ/9 ページ中