ここから本文です

ルート9 (1998)

ROUTE 9

監督
デヴィッド・マッケイ
  • みたいムービー 0
  • みたログ 24

2.83 / 評価:6件

ルート9

  • toy******** さん
  • 2009年1月14日 18時53分
  • 閲覧数 158
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

何でこんな事になってしまったんだ!俺たちは親友じゃあ~なかったのか?

【ルート9】それは、国道沿いにあるガソリンスタンドでの出来事~

荒野を貫くハイウェイの側で、麻薬ディーラーが倒れていた。

そこでは麻薬組織による取引が密かに行われていた。。

だが、麻薬ディーラーたちは、仲間割れとなり、壮絶な殺し合いに発展したのだった‥

ひょんなことから、保安官助手の二人がそこへ通りかかり、麻薬ディーラーと共に150万ドルの現金を発見する。(^^)v

保安官助手はしがない家業…二人とも資金がなかったり、借金を抱えていたりで貧しくつい、サタンの囁きには勝てず、二人で現金を山分けする事になる。<^!^>

ひとり75万ドル~これは一生働いても手に入らない額だ!

ところが倒れていた麻薬ディーラーは、まだ死んではいなかったのだ。(>_<)

相棒の一人が、その男を窒息死させて死なすが、ここからが二人の“人生”に影を落とす

二人は、大金を裏山に埋めて、ほとぼりが冷めて事件が落ち着くまで、金に手をつけないことを約束するが…

死んだはずの麻薬ディーラーは、カセットテープを洋服に隠し持っていたのだ!!

そんな事は露ほども知らない二人は、唖然とする‥‥

それからというもの、検視官にカセットテープの秘密を暴露するぞ!と脅かされたり、女性保安官の執拗な追及に、逃げ場が失われていく二人は、してはいけない殺人まで犯し、
にっちもさっちもいかない状況に追いやられる。(-_-;)

その結末は?親友でありながら、運命の歯車が狂ったために、相棒が親友を殺して、裏山に埋めた大金を掘り起こしてしまう。金は無く出てきたのは一枚の紙切れだった。(T_T)

そこには、殺した友人からのメッセージで、金は別の場所に保管した。ほとぼりが冷めたら二人で、取りに行こうぜ~♪

最後までお互いの“心”の温度差が、埋まらなかった~ツキは無かった・・・

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ