ここから本文です

もののけ姫 (1997)

PRINCESS MONONOKE

監督
宮崎駿
  • みたいムービー 158
  • みたログ 1.9万

4.25 / 評価:3,455件

生きろ

  • ふぁんた さん
  • 2008年6月6日 10時06分
  • 閲覧数 6432
  • 役立ち度 80
    • 総合評価
    • ★★★★★

再々再々再々再々見。
すごい。この日本映画は。

見る度に打ちのめされる作品だ。

サンとアシタカ。
ヒイ様。エボシ御前。ジコ坊。トキに申六。
石火矢衆。浅野侍。唐傘師匠連。ジバシリたち。
荒ぶる巨大な神々たちと頂点に立つシシ神。
そして第二の主役というべき太古の照葉樹林の森。
美術が素晴らしい仕事をしている。

製作者に都合の良い登場人物なんて一人も出てこない。
みな、自分の意志で画面を動き回り、生きている。
それぞれの命をちゃんと背負っている。

みな、それぞれの立場から言葉を発する。
その言葉の鋭さに、いちいちドキッとさせられる。
それがこの映画の奥行きを生み出している。

(シシガミだけは一人、不気味な沈黙を守っている。
アシタカと同様、中立的な存在と言えるか。)

「ナウシカ」と比較されることの多い本作だが、
ラストシーンのせつなさはナウシカにはないものだろう。
そして神はいなくなった。のか?

ところで、なぜこれだけ難解な作品があれだけ大ヒットしたのだろう。
喜ばしいことだが。
間違いなくアニメという枠を超えた日本映画の名作だと思う。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • スペクタクル
  • ファンタジー
  • 不思議
  • 切ない
  • 勇敢
  • 悲しい
  • 楽しい
  • 泣ける
  • 知的
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここまでです このページの先頭へ