ここから本文です

ファンタズム IV (1998)

PHANTASM IV: OBLIVION

監督
ドン・コスカレリ
  • みたいムービー 0
  • みたログ 25

2.92 / 評価:12件

????????~。

  • amaterasulover︎ さん
  • 2008年6月1日 11時06分
  • 閲覧数 479
  • 役立ち度 24
    • 総合評価
    • ★★★★★

現在、4作となっていますが、なんと、最終作は現在創っているようです。
この4作目でトールマンの正体を突き止めることが出来ます。
1作目との整合性を創るため、というか捏造するため、たぶん1作目で使わなかったフッテージ(撮影したが使わなかった捨てカット)を使って、無理くり、整合性を作っています。ふふふ。

まあいいや、、、1作目から4作目の感想ですが、1作目でお伝えしたように、ホラーという意味では、画期的な映画だとは思います。SF世界というか、異次元との接点や異次元の描き方が秀逸だったからです。惜しむべきは、ゾンビの登場でしょうか、、、これはいただけません。もっと、トールマンと銀の玉その副産物である小人、そして異次元だけで、物語を進めるべきだったでしょう。ゾンビの存在が全てを子供じみたものにしてしまっていますね。あと、、お決まりの毎作レジーが連れ込む女性もいらないと思います。

凄く良くなる可能性を秘めたまま、イケイケどんどんで撮影し、無理が祟って、駄作になりつつあります。大爆笑。

きっとこの監督、イージーゴーイングなんでしょうね。。。まあいいか。

この3作目は実質1作目の次に見ても良いかと思われるほど、計算が甘すぎるところが笑えます。

でも、なんとなく、この映画が好きなのは、、何故なんだろう?
きっと、イージーゴーイングなところかもしれません。。。

レンタルビデオ化されていないので、少年の頃見た、一作目見たさにBOXを購入してしまったのが、後悔されます。。。わははは。
一通り観て満足したので、、きっと売っちゃうかな。。。わはははは。

ちょっと、ヘルレイザー的なシリーズの創り方ですね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • 不気味
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ