特攻大作戦

THE DIRTY DOZEN

150
特攻大作戦
3.7

/ 101

26%
37%
27%
7%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(30件)

勇敢18.6%かっこいい12.4%楽しい11.3%スペクタクル11.3%笑える6.2%

  • arl********

    3.0

    ネタバレ途中まで痛快

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • おおぶね

    4.0

    オルドリッジらしさ

    痛快部隊。 戦争がカッコよく見えるかも。 反戦なんだけど戦争映画は主人公たちに感情移入してしまって、勝て!となる。 本当にあった話ならもっと楽しめるのだが。

  • sah********

    4.0

    ネタバレシルミド?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • しーもあ

    5.0

    並の戦争映画ではない

    12人の戦争犯罪の死刑囚が無茶な作戦に駆り出される。癖のある名優ばかりなのと、脚本が面白いので飽きさせない。途中まではカッコいいのだが、作戦は多くの犠牲を払ってしまう。ちょっと「七人の侍」に似た非常な結末。昨今の何故か成功してしまうスパイアクションや、リアルっぽさだけの戦争映画にはない作品。あまり有名でないのは何故だろう。

  • tes********

    1.0

    お馬鹿娯楽戦争映画と割り切った鑑賞が必要

    3.91点/70人/1967年   男の子向けのお馬鹿娯楽映画も乗っかれれば結構楽しめるのだが、本作はさすがに話の展開がありえないし、都合良過ぎて、乗り切れなかった。 エクスペンダブルス、や、デルタフォース、等がお好きなら本作も楽しめると思います。 最後の作戦実行の戦闘場面は当時のアクションとして、それなりに楽しめるが、 前半の訓練や、囚人同士や教官と囚人の団結する過程の描写が浅くって、薄いのに結構な時間が費やされるので、ダレテシマッタ。 馬鹿アクションに150分は長すぎる。 個人的にはアクション押しの馬鹿映画は90分がベストタイムだと思う。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


リー・マーヴィンジョン・ライズマン少佐
ジム・ブラウンロバート・T・ジェファーソン
チャールズ・ブロンソンジョセフ・T・ウラディスロー
ジョン・カサヴェテスヴィクター・R・フランコ
リチャード・ジャッケルクライド・ボーレン軍曹
クリント・ウォーカーサムソン・ポージー
テリー・サヴァラスアーチャー・J・マゴット
ジョージ・ケネディマックス・アンブラスター少佐
ラルフ・ミーカースチュアート・キンダー大尉
ロバート・ライアンエヴェレット・ダッシャー・ブリード大佐
ドナルド・サザーランドヴァーノン・L・ピンクリー
トリニ・ロペスペドロ・ヘミネス
トム・バスビーミロ・ヴラデク
ベン・カルーザスグレン・ギルピン
スチュアート・クーパーロスコー・レヴァー
ロバート・フィリップスカール・モーガン伍長
コリン・メイトランドセス・K・ソーヤー
アル・マンシーニタソス・R・ブラヴォーズ

受賞歴

アカデミー賞第40回

音響効果賞

基本情報


タイトル
特攻大作戦

原題
THE DIRTY DOZEN

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-