鮫肌男と桃尻女
3.8

/ 242

28%
36%
26%
6%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(60件)

かっこいい19.4%笑える18.0%コミカル17.3%楽しい12.9%ゴージャス5.8%

  • yasumoypaypay

    5.0

    俳優の演技とスタイリッシュな演出の名画

    何年かごとに見かえすけど、飽きません。バイオレンスがスタイリッシュってなかなか邦画にはないから楽しめる!原作の良さを石井ワールドで見事にアンプリファイしてまっせ!

  • Тунгуска

    3.0

    我修院達也が全部持っていく

    原作未読で観ました。 脇役が異常なまでに濃くてケバイ、主人公の浅野忠信と小日向しえが霞むくらいのクドさ。 我修院達也が最たるもので、やたらいい声でドナドナを歌われて完全に彼の演じるYAMADAにやられました。 暴力描写はタランティーノとかによくあるアッサリ人が死ぬ感じで、あまり意味を持たせずバタバタ人が死にます。 あまり何も考えずに娯楽として観れるので好きな映画。

  • エル・オレンス

    3.0

    YAMADAの存在感。

    物語展開や世界観については、クエンティン・タランティーノやガイ・リッチー映画を沢山観てきた人にとってはさほど新鮮味が感じられないかもしれません。(OP演出はカッコ良かったけど) 桃尻のイメチェンメイクも、1998年当時ヒットした持田香織やモー娘そのものだったので、結構時代を感じたり(笑) 一番の功績は、我修院達也演じるヒットマンことYAMADA以外に考えられないです(笑) しかも原作漫画に登場しない映画オリジナルキャラというのもまた凄い(笑)

  • yxw********

    1.0

    「俺ってセンスいいだろ?」って感じの映画

    19/100点  こういう映画を褒めないといけないという風潮は好きになりません。 私にはわからないし、面白くもない。かっこよくもない。

  • rec********

    3.0

    公開当時キライでしたが

    公開当時嫌悪感を抱きました。誰もが感じる才に溺れたコケオドシにです。スタイリッシュなようでこういう世界観て意外とハードルが低いんです。映画好きならこの手の映画ってクサるほど思い出すでしょう? 久しぶりに観て何故か素直に楽しめました。 同じ石井でも愚かしい石井裕也とか文字通り「俺スゴイだろ?」観が満載の園子温などという輩の「冷たい」何とかという愚作などを最近見たから寛容的になったのかもしれません。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
鮫肌男と桃尻女

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル