レビュー一覧に戻る
アンナと王様

アンナと王様

ANNA AND THE KING

147

エル・オレンス

4.0

この豪華絢爛ぶりは流石ハリウッド。

アンナとシャム王といえば、やっぱり『王様と私』(1956)のユル・ブリンナー&デボラ・カーの印象が強いですが、この配役のバージョンもまた違った魅力があると思います。(ただ、当初のアンナ役はケイト・ウィンスレットで、彼女が妊娠したためジョディ・フォスターに変更された話を後で知った時は、ちょっと惜しいなあと思った) 寺院をはじめとするオープンセットは、映画用に建てた物ばかりだというのも驚異。ハリウッドのパワーを見せつけられます。豪華で、壮大で、美しく、大画面で観るとより一層迫力が増します。 現在に至るまで上映が一度もされていないタイ国ですが、本場のタイ人がこの映画を観たら、日本人が『SAYURI』(2005)を観る感覚で、突っ込み所満載なんでしょうね(笑)

閲覧数1,022