アンナと王様

ANNA AND THE KING

147
アンナと王様
3.5

/ 185

17%
34%
35%
11%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(46件)


  • spo********

    1.0

    そりゃタイで上映禁止になるわ。

    結局、タイを下に見て作ってる感じがしとどに溢れてるな。 タイ語はどうでもいいのかよ? マジでバカみたいなフィクションだしな。 それに、タークシン王のことを知らない人からしたら、裏切り者役のモチベーションもなんのこっちゃだろう。 で、映画自体はクソの部類、二度と観ることはない。 良かった点は、 19世紀のバンコクの雰囲気を楽しめたり、 知ってる王が出てきて嬉しかったこと。 チュラローンコーン大王がまだ少年で先代の王からコイツで将来大丈夫かと心配されてるシーンが良かった。 アンナの子供に葉巻すすめるシーンも良かった。 でも、どう考えてみたって製作費90億の内容じゃねぇな。

  • エル・オレンス

    4.0

    この豪華絢爛ぶりは流石ハリウッド。

    アンナとシャム王といえば、やっぱり『王様と私』(1956)のユル・ブリンナー&デボラ・カーの印象が強いですが、この配役のバージョンもまた違った魅力があると思います。(ただ、当初のアンナ役はケイト・ウィンスレットで、彼女が妊娠したためジョディ・フォスターに変更された話を後で知った時は、ちょっと惜しいなあと思った) 寺院をはじめとするオープンセットは、映画用に建てた物ばかりだというのも驚異。ハリウッドのパワーを見せつけられます。豪華で、壮大で、美しく、大画面で観るとより一層迫力が増します。 現在に至るまで上映が一度もされていないタイ国ですが、本場のタイ人がこの映画を観たら、日本人が『SAYURI』(2005)を観る感覚で、突っ込み所満載なんでしょうね(笑)

  • JUNJUN

    3.0

    感想

    なぜだろう、王様がとてもムカつくんだけれど。

  • sss

    3.0

    普通

    よくあるパターンとも言える。恋愛ものプラスα/5点(201610)

  • ma_********

    4.0

    気が強い

    郷に入っては郷に従えの日本人には理解できない、西洋人女性のはっきりとした物言い。西洋人を上だと思っているからでる態度なのか、どうか分かりませんけど驚く態度です。タイをよく知りませんが、興味深い文化でした。

  • k21********

    4.0

    ネタバレジョディーしか演じられないんじゃないか

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • e_s********

    3.0

    ゴージャス!

    ユル・ブリンナーとデボラ・カーの『王様と私』のほうは、何度も見ているが、本作、今更ながら、初鑑賞。 オープニングの、圧倒的な映像に、心ときめき、ワクワクしながら見始める… ジョディ・フォスター見ていて、何の疑いもなく、アメリカ人だと思い込み、ああ~違う違う、アメリカ人なわけないやんか~と、次第に怪しい雰囲気となってきた…(^_^; 逆に、韓国人のチョウ・ユンファがタイ人を演じていても違和感がなかった。 タイと言う国を良く知らない…ということも大きいが(^_^; なんだかんだ言っても、本作はフィクションであり、アンナの偉業?など、突っ込み所満載だけど、そんなことはどうでもよくて、『王様と私』と言ったら♪シャルウィダンス~♪な私には、いつ出てくるの?いつ出てくるの?と、ずっと待っていて、そのままラストになってしまう悲しき結果に、はあ???がっかり~ がっかりしすぎて、途方にくれたわ~(^_^; リメイクじゃないと、知りました(^_^;

  • blu********

    5.0

    怪演光る!

    アカデミー主演女優賞を2度取ったジョディ・フォスターの演技は当然素晴らしいが、チョウ・ユンファの演技はまさに怪演だったと思う 表情や仕草に気品が溢れ、見事にシャム国王を演じ切った ラストは切ない感じで終わって、余韻を残す 制作費に90億円かけた事もあり、セットや衣装も凝っていて、絢爛豪華な雰囲気を味わえる 一応は史実に基づいて描かれているが、アンナ自身が虚言癖があったとか何とかでどこまでが真実かは分からない が、この映画に落ち度がある訳ではない 素晴らしい作品でした

  • kih********

    5.0

    国際異文化理解の古典的教科書

     幕末の朝廷にも将軍家にも英語の家庭教師が欲しかった。タイの国ではその点で日本より優れていた。異文化に精通し、交流する能力を持っているということだ。  もちろん、この映画が誇張するように、一介の家庭教師が国政に影響をもたらすことなどあり得ない。また、アジア諸国に対する蔑視を、今でもこのように露骨に表現してしまう西欧の傲慢さも許せない。しかし、それはそれで、勝者・強者の歴史観を知る上で参考になる。  ひたすら国を閉ざすことに専念していた国では、上層部に英語を学ぶ・話すという気分は全くなかった。下級武士や西南外様藩による(紆余曲折の大混乱はあったが)開国機運の盛り上がりの際、英語を教え、西欧事情を教え、通商の知恵をつけたのは誰だったろうか。教えられたのは誰だったろうか。  他ならぬアジアの人間がアジアの国々の歴史、自国との関わりの歴史を知っていないで、西欧人のアジア蔑視に抗議するだけでは宜しくなかろう。私は シャム & タイ という国名のいわれさえ知らなかった。この頃、すでに国の最高指導者が英語を喋っていたことも知らなかった。属国としてではなく、だ。  まるでこの女性がタイ国の独立を守ったかのような不快な表現があるものの、(そういう誇張を割り引いて観れば、これはこれでいい学習映画だった。  

  • awe********

    5.0

    これぞ映画!!

    これぞ映画!!でした。 まずロケーションがすごい。セットがとにかく豪華。 衣装も豪華!! 見てるだけで満足感いっぱいの作品でした。 「王様と私」もすごく好きで、期待をしてみた部分としては 子どもたちのアンクルトムの家のお芝居をする所をもっと出して欲しかった。 タプティムの恋愛を悲しすぎた終わりにしなくてもよかったのでは? と思いましたが、リアルでこういった表現もありかなとも☆ 最後のダンスのシーンはせつないけども、ほんわかした気持ちになりました。

  • pop********

    4.0

    ネタバレ思いの他・・・・

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mak********

    3.0

    ネタバレ古風な愛情表現は萌える(笑)。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sqb********

    3.0

    率直な感想

    なんだかひどく傲慢な作品に映りました。 英国人の家庭教師は、自身の考えを進んだ文明だと考え、現地人に教育しようとする。一方、現地の国王はいまある権力や文化しきたりを変えようとしない。お互いに歩み寄るところがないように見えました。 時代は1800年代後半から1900年代初頭。 民主主義や人権意識などが発展途上国ではまだまだ根付く土壌とは言えない時代。そこにあって、民主主義や人権を唱えることは崇高なことのように映し出しており、その姿はそうした思想の押し売りにしか見えない。 差別制度や王政がいいとは決して言わないが、民主主義が万能とも思わない。人権についてだってどの国にもどんな文化圏でも当てはまるとは言えないのではないだろうか。あくまでも欧米の文化を基点とした考え方にしか思えない。 そうした考えを日本にそのまま当てはめている今の国家制度を今一度考え直して見るのもいいのではないだろうか。

  • jac********

    4.0

    思い上がりアンナと聡明な王様

    アンナがタイ(シャム)にやって来たのが1862年と最初に紹介される。 日本では生麦事件が起こった年だ。 薩英戦争のきっかけとなったこの事件は江戸帰りの薩摩藩の大名行列を前に して下馬しなかった騎乗のイギリス人達が無礼討ちにあったことが発端。 日本の一大名の行列の前で下馬しなかった非礼の代償が死なのである。 タイの王様に対してアンナが行った無礼な行為や暴言の数々を考えると何故 生きて帰れたのか?不思議に思えてくる。 当時のタイも日本もイギリスから見ればアジアの未開の国だったのかもしれ ないが、決して属国や植民地ではなくれっきとした独立国であった。 この映画は実話に基づいた話らしいが、そうした国の国王に対してのアンナ の言動、特にタイに到着して初めて謁見する際のキレッぷりは真実味が全く 無い。 未開の国とバカにしていたのであれば尚更のこと、国王に対しての不敬罪で 罰せられることを恐れると思うのだが、アンナの舌鋒は鈍ることがない。 映画のストーリーの流れとしての抑揚をつける為の虚飾か、アンナは死にた かったのか、実はアンナは命知らずのバカだったかの3つの内のどれかとし か考えられない。 それぐらい何故かタイに来て、初めっから喧嘩腰だったアンナ。 王の側室の不義裁判の時も妙に強気で、どうしてあんなに強気なのか? 観ている側がとまどうばかり。 一体、自分を何様だと思っているのか? 思い上がり家庭教師。 対する国王は実に聡明で、そんなアンナに対しても寛容なのです。 それは決して文明国イギリスに対する阿諛追従ではない。 アンナに対する異性への慕情が無かったとは言わないが、それは珍しさに対する好奇心のようなものだったのではないかと感じた。 チョウ・ユンファも悪くはないが、写真で見たユル・ブリンナーの王様のかっこよさが頭から離れないので機会があれば『王様と私』を観たいと思った。 決してアンナには同調できないが、この映画を観てタイという国に興味、親近感を持った。それぐらい素晴らしい王様だった。

  • sou********

    1.0

    ヤンキー娘のアンナ

    ジョディ・フォスターがアメリカのヤンキー娘そのままアンナ役をやっているみたいで、ちっとも気品がなくイギリス女性に見えないのが難点。完全なミスキャストですね。

  • gar********

    4.0

    新たな解釈でより深みのある作品に

    『王様と私』の元ネタともなった、19世紀シャム王室に家庭教師としてやってきた英国女性アンナ・レオノーウェンズの手記を元に描かれる歴史ドラマ。 ミュージカル仕立てで、筋を単純化した『王様と私』に比べてより深く当時のシャムの状況や欧米列強の植民地主義的傾向を物語に織り込んでいることで、『王様…』にはない、厚みがあります。 特にそれを感じたのが王様とアンナの役作り。『王様…』のユル・ブリンナーは、確かに役との一体感という点ではもはやカリスマの域に達していますが、良く言えば天真爛漫悪く言えば単なる気まぐれな暴君というふうに、単純な役になってしまいます。 しかし、本作のチョウ・ユンファは、情勢を的確に分析し自らが統治する国が世界に生き残っていくという目標のために手を打つ戦略家としての側面、そしてなにより大勢の子どもたちの将来を考える父親の側面を演じることで、モンクット王の役をより底の深いものとしています。 一方、アンナについても、デボラ・カーが作り出したおしとやかで優雅なイギリス女性のイメージが、ジョディ・フォスターによって異国の地で夫に先立たれながらも生きるために時には敵を作り、非難を受け苦しみながらも前に進む力強さが得られたことでよりしっかりした個性を持つ女性像を作り出せたと思います。 この主役の二人に新たな解釈がなされたことで、『王様…』とはまた違う個性を持つ良い作品が生まれたと言えるのではないのでしょうか。

  • nyj********

    4.0

    異国情緒満載で二人の共演に満喫!

    チョウユンファがこれほどかっこよくて家族思いでステキに見えたのはこの映画だけ。ジョデイフォスターと二人で張り合いながらぐいぐいと観客を引き込むように演じている。 二人の演技と異国の美しさで2時間以上の長い映画も飽きずに観ることができた。

  • yos********

    2.0

    ダンスは必須だろっ!

    リメイク作品って オリジナルをなかなか超えられないもの だと思うけれど これほどリメイクだと思えない作品っていうのも なかなか出会えないな。 (1956年の)オリジナルはもっと“陽”なイメージだけど 本作は“陰”のイメージ。 「王様と私」を鑑賞したのも もう随分と昔の話になるので 再度鑑賞してみないと細部までは思い出せないけど もっと見ていて楽しい気分になったミュージカル作品だった。 本作はその当時の国や社会の情勢をメインとした ドラマ性の高い作品となっている。 その点がジョディ・フォスターだなって思ってしまう。 タイトルだって「王様と私」ではなく「私(アンナ)と王様」だしね(笑) 「王様と私」のリメイクならば かの有名な「シャル・ウィ・ダンス」は必須だろう? あのどんだけ~っつーほど くるっくるっ、くるっくるっ と目が回るほどくるくる回るダンス 鑑賞者が楽しくなるようなあのダンスは 王様と私ならば、なければならない。 そういう意味でも本作は、リメイクとは言い難い。 そもそも、ミュージカルでもないし・・・

  • shoko

    4.0

    タイ旅行のあとにぜひ見てね。

    二週間のバンコクとチェンマイの旅から帰ったばかりです。 この映画は封切りした頃見ましたが、その時のいい印象が残っていたので、今、もう一度見てみたいと思いました。 まずは数日前訪れたばかりの王宮や寺院がでてきて感激! 壁画やエメラルド仏陀では嬉しさ最高潮! そしてそれがすべてマレーシアに作られた巨大なセットだと知ってまたびっくりでした。 考えてみれば納得ですが、それにしても素晴らしい出来だと素直に感心です。 ジョディ・フォスター扮するアンナ・レオノーウェンズは実在の人物で、みなさんご存知のようにミュージカル「王様と私」のモデルにもなっています。 こちらを昔見たときは、ミュージカルとしてとても楽しくて好きだけれど、西洋的なアジアだなぁと思った記憶があるので、この「アンナと王様」は当時の衣服や装飾、史実に忠実な映画だと感じ、好感がもてました。 でもその後、今回の旅行を含め二度タイを訪れたので、今作を見ながら、う~ん、王様、絶対こんなこと言わないぞ、とかアンナ、その態度ありえない~~とか、いや~これは史実とは違うんじゃないか、と一人つっこみが多くなっちゃいました (笑) どこかでこの映画はアンナの手記をもとにしているので、75%史実、25%フィクション、と書いてあったのを読んだのですが、それはちょっとパーセンテージが高すぎるような気がします。 この映画はタイでは上映禁止になっていますが、あらためて見て、その理由がわかるような気がしました。 国民からとても敬愛されている皇室・国王が、英国の女性教師の影響でタイの歴史を変えたといわれたら、それは不敬罪といわれても仕方がないような。 奴隷制を廃止したのも時代の流れ、実際には映画よりもっと年が離れている二人の間に、このようなロマンスがあったのかも不明です。 それでもこの王様がいかに教養があり、オープンマインドで、先見の明と寛容の心をもっていたか、アンナがいかに(当時の価値観をもっていたにしても)聡明で勇気と気骨のある女性であったかは、この映画の二人の様子にあらわれているように思います。 実在の人物をベースにした映画で史実がまげられていることはよくありますが、それには賛成できないにしても、本当はどうだったんだろう、と疑問に思うきっかけを与えてくれるということと、恋愛ファンタジーとしてスケールの大きい、よくできた作品であった点で、私はこの映画を評価したいと思います。 なんだかんだいっても、タイ帰りの人には、この映画は必見じゃないですか。 評価は四つ星にちかい三つ星半です。 おまけ: ジョディの息子役は「ハリーポッター」のドラコ・マルフォイ役のトム・フェルトン君でした~。

  • sei********

    4.0

    予想外の佳作だが・・

     主演の周潤發氏(チョウ=ユンファ)は、私にはヤクザ映画のイメージが強かったので、タイ国王への化けぶりに興味があった。観てみるとさすが役者である。俳優として当たり前のことなのだが、日本のスター俳優はどの役やらしても同じという人が少なくない。中村獅童氏の芸達者が評判だが、海外ではそんなスター俳優はゴロゴロいるのである。(余談1)  ユル=ブリンナー氏とデボラ=カー氏共演の名作「王様と私」の適切なリメイクである。「適切」と評価したのは、全く同じ色合いの作品にはできないからだ。「王様と私」は作品としてはデキは良いが、至るところにアジアへの蔑視や無知が散りばめられており、しかも明確にタイ国が舞台となっている。タイを知らない人間には面白くても、特にタイでは失笑と怒りをかう作品だ。(余談2)  当時の欧米に比べて若干はアジアへの認識が深まっている現在では、この期に及んで同じ作品は創れない。だが、東洋系コーカソイドのユル=ブリンナー氏よりは適切な俳優とはいえ、王様役はタイの俳優ではなく中国人だ。  元ネタが19世紀中ごろに英語教師として招かれた実在のイギリス女性の手記だが、当時のイギリス人は今以上に露骨なアジア蔑視があり、この人物も例外ではない。さらに20世紀中ごろに単なる英語教師でしかなかったアンナを脚色して面白おかしく「ラブコメディ」(余談3)ミュージカルにされた。  だから今回のリメイクでは、アジア蔑視につながる描写は削除しなければならないし、19世紀のタイ国をできる限り忠実に再現しなければならない。前作と同じような単純な構成ではなく、当時のタイ社会を反映するリアルなストーリーでなくてはならない。台詞も英語よりもタイ語の配分を増やさねばならない。しかし国王とアンナとのラブロマンスと葛藤と価値観の対立は物語の根幹であるため省くのは不可能だ。  そういう意味では、大変な努力の跡が見られる佳作だった。しかしタイは納得しないだろう。 (余談1)公開当時、映画雑誌などの評論では「周潤發はジョディ=フォスターと堂々とひけをとらない演技をした」という旨の文が載っていた。とんでもない文である。ジョディ=フォスター氏は確かに名優だが、だから何なんだ。周潤發氏も演技派の名優であり、「亜州影帝(アジア映画の帝王)」と呼ばれたほどの人物だ。  アメリカの雑誌がそんな表現するのなら解るが、なんで日本の雑誌がハリウッド中心で評価するのか? 日本映画界はハリウッドの植民地か?!  「王様と私」のデボラ=カー氏のアンナは、清楚で生真面目で可愛らしい役柄だった。ジョディ=フォスター氏のアンナは教師としての使命感に燃えるキャリアウーマン的役柄だ。 (余談2)たとえば極端な話、即位したばかりの明治天皇に白人美少女の英語教師がついて、「優れた」西洋文化を吹き込み朝廷改革をするよう唆し、2人揃って西洋の軍服を着て幕府に戦を仕掛ける内容だったら、宮内庁は正式に非難声明を出し、右翼はアメリカ大使館を襲撃するだろう。  さらに、「パールハーバー」以上に日本人の所作が無茶苦茶で衣装設定もデタラメだったら、喧嘩をうっているとしか思えない。 (余談3)ファンには申し訳ないが、私にはよくできたラブコメにしか見えない。

1 ページ/3 ページ中