007/ワールド・イズ・ノット・イナフ
3.7

/ 506

22%
33%
36%
6%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(81件)

かっこいい16.2%勇敢11.8%セクシー10.4%楽しい10.1%ゴージャス8.4%

  • yyb********

    5.0

    前作と比べてやや迫力劣るも

    007こと英国の諜報員ジェームズ・ボンドの活躍を描くアクション映画。シリーズ第19作目。前作と比べてやや迫力は劣る。しかしやはりジェームズ・ボンドはかっこいい。

  • y74********

    4.0

    デニス・リチャーズのお話しましょう

    みなさんと違う視点のお話をしましょう デニス・リチャーズですが、映画が一時間ほど経ってから 急に、科学者として登場 それも化粧が濃くて胸が大きいのは違和感がありました。ラストのずぶ濡れのアクション・シーンでは、大きな胸が強調される ショットが多数で男性向けサービスと思われます。 結局、デニス・リチャーズはこの映画で、ゴールデン・ラズベリー賞の 最低助演女優賞をとってしまいました。 デニス・リチャーズは何も悪くないですが、キャスト設定や撮影が 良くなかったんですね。

  • kat********

    4.0

    ソフィー・マルソーが好き♪

    ボンド役は、ピアース・ブロスナン(5代目)。 彼は、4作品で活躍していて本作は3作目になります。 ヒロインにソフィー・マルソー。 石野真子を連想するフランスの美人さん。(あぁ可愛い) この辺りになると最近のボンド。って感覚です。 とは言え公開されてから時間が経ってますね。 それでも007シリーズはその時代の娯楽映画のベンチマークだと思ってます。

  • カリブソング

    3.0

    アクションも美女も見応えあり

    全編、アクションが矢継ぎ早に繰り出され、美女2人と共に見応えゴージャス( ^ω^ )

  • 母里友信

    3.0

    ピアース・ブロスナン版第3弾

    自分が一番ボンドらしいと思えるのがピアース・ブロスナンやね。 今回はボンドガールに二人、うち一人は意外な展開に・・・。 ボンドカーならぬボンドボートでボートチェイスがスピード感があって良かったね。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
007/ワールド・イズ・ノット・イナフ

原題
THE WORLD IS NOT ENOUGH

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-