レビュー一覧に戻る
007/ワールド・イズ・ノット・イナフ

y74********

4.0

デニス・リチャーズのお話しましょう

みなさんと違う視点のお話をしましょう デニス・リチャーズですが、映画が一時間ほど経ってから 急に、科学者として登場 それも化粧が濃くて胸が大きいのは違和感がありました。ラストのずぶ濡れのアクション・シーンでは、大きな胸が強調される ショットが多数で男性向けサービスと思われます。 結局、デニス・リチャーズはこの映画で、ゴールデン・ラズベリー賞の 最低助演女優賞をとってしまいました。 デニス・リチャーズは何も悪くないですが、キャスト設定や撮影が 良くなかったんですね。

閲覧数385