横溝正史シリーズ/悪魔が来りて笛を吹く
3.6

/ 13

15%
38%
38%
8%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(2件)

切ない100.0%

  • sou********

    4.0

    古谷金田一はさばさばしてる。

    石坂金田一も古谷金田一も西田金田一もトヨエツ金田一も吾郎ちゃん金田一も、実直で頭が良くて優しい青年なんですが、古谷金田一が一番さばさばしてるかもね。あはは。 俳優さん自身が持つ雰囲気が加わって、それぞれ味わいが出ますねえ。 沖雅也がかっこよかったなああ。こんなにステキだったんだなあ。 草笛光子さんはさすがに綺麗で演技も最高。 ただやっぱり、気っぷのいい草笛さんが大好きなので、最初はちょっと違和感ありました。 そういえば、「哀愁」を見た時もそうだったなあ。 ヒロインのビビアンリーがヨヨヨっと泣いてるんですが、そのうち明日の風が吹くわっとか言ってガバッと立ちあがりそうな気がして、ちっとも作品に入れなかったなあ。 最後の歌が懐かしくて笑っちゃいました。 それに、効果音や緊迫場面などに流れる音楽が間抜けな感じ。 古い作品見てていつも思うのは、十分おもしろいんだけど、とにかく音楽が古くさいって感じしますねえ。 音楽が一番変わったってことかな?

  • ムービークリニック

    4.0

    ほし よっつ

     ムービークリニックにようこそ。では診断しよう(^^)  金田一シリーズ。今回はお気に入りの古谷一行演じる金田一のテレビ版であります。石坂金田一もいいが、古谷のほうが優しさのなかに、より力強さを感じるので好みであります。  謎が多く、金田一の髪の毛をかきむしるシーンが数多く見られる。  何故映画にしなかったのか、と思えるほど本格推理物語になっています。(推理物のベタと言われるかもしれないが。) 犯人もお決まりの大物女優ではないし、クリスティーの作品観てるみたいだよ。  そして横溝特色のホラーテイストも満載。  でもお得意の血縁関係が今作も繰り広げられるのだが、これが強烈で物語のインパクトを占めているので、やはり映画興行としては敬遠されるかな。。出張捜査もあるが、屋敷シーンが多いのでスケール感が小さいかも。すけきよみたいなインパクトあるキャラも出ないしね。    復讐のなかにも愛を求めた悲しい犯人に涙があふれます。  沖雅也に代表される懐かしい俳優人もそうだが、運命に翻弄される草笛光子の熱演がまた見どころです。  私は好きですよこの作品。  

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
横溝正史シリーズ/悪魔が来りて笛を吹く

上映時間
-

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル