レビュー一覧に戻る
名探偵コナン 世紀末の魔術師

山口綾奈

5.0

ネタバレ面白かった!

ロマノフ王朝の至宝、インペリアル-イースターエッグに隠されたからくりが、すごく素敵。『メモリーエッグ』と呼ばれる本当の理由が再現されるシーン(暗闇に写真が浮かび上がってくるところ)が大好きです。 お約束の、炎上する建物シーンはありましたが、アクションは控え目で、ミステリー要素が強い作品でした。イースターエッグとお城のからくりや、ロマノフ王朝の宝を狙うスコーピオンとは一体誰なのか?と、引き込まれる展開になっています。 帝政ロシア末期の歴史、ラスプーチンなどについても掘り下げてくれたので嬉しかったです。舞台が大きく分けて三つ(鈴木財閥の美術館・豪華客船・横須賀の古城)あり、それぞれの場所で山場があった感じがします。 そして、相変わらずキッド様は格好良い!最初の予告状の言い回し『黄昏の獅子から暁の乙女へーー』から素敵過ぎました。 最後、大量の鳩を出して(あれどうやってるんだろう…)、次の瞬間に消えるところ、すごく良かったです。 コナンは、もう蘭に打ち明けるべきじゃないでしょうか。こんなに何回も気付かれているのに、毎回誤魔化せているのが奇跡です。全てがバレたとき、ずっと騙していたことを知られたら、かなりヤバいような気がするのですが……。 それにしてもスコーピオンの正体だった美人なお姉さん、右目ばっかり狙っていたから、キッドもコナンも殺せなかったのでは?コナンと対峙するシーンで、最後の銃弾を眼鏡のせいで無駄にしなければ良かったのにね、と思いました。それを見越して眼鏡のレンズを変えてくるコナン君も流石ですが。 とにかく、とても面白い映画なので、コナンファンでまだ見ていない方は、是非見てください!

閲覧数1,064