レビュー一覧に戻る
トイ・ストーリー2

ivo********

4.0

ネタバレ楽しいより切ないが先に立つ

個人的「人気すぎて今まで観る気がしなかった映画をあえて無理して観てみる」シリーズ。 1も最近観ていて、傑作だと思ったのだが、なぜかレビューは書かなかった。 前作を観ていた時から感じていたことではあるが、本作は特に、オモチャの心情に感情移入してしまうと、自分自身の子どもの頃のオモチャにまつわる悲しい思い出、買ってもらえなかったこと、壊してしまったこと、粗末に扱った罪悪感、などが思い出されて憂鬱になってくる。ある種のトラウマ映画かもしれない。 特に、捨てたことすらはっきりと思い出せない当時の人形のことを考えると気が滅入ってきて、「作者は観てる人に何をどの程度感じてもらおうとしているのか?」という疑問が浮かんでくる。 が、空港の荷物が運ばれるコンベアでのおじいさん人形のセリフ、オモチャの行く末は埋立地の底であると言い放つところで、この作品の質がはっきりしてくる。 つまり、大人の鑑賞にも耐えるようにつくられている、観ている人が「痛み」を感じるようにつくられている、ということだ。 そして、「限りある命とわかっていても、永遠に生きることを望むよりも、今やりたいことを選んで生きていこう」という(キッズムービーらしからぬ)重たいテーマが立ち現れ、決して他人事ではなく、まさに人間そのものの話になってくる。 大人が観ると、楽しい、よりも、切ないが先に立つ映画。正直、観ていて辛い。 皮肉が言いたいわけではないが、これを単純に「楽しい、面白い」と感じられる大人は幸せである。

閲覧数645