ここから本文です

グリーンマイル (1999)

THE GREEN MILE

監督
フランク・ダラボン
  • みたいムービー 783
  • みたログ 1.3万

4.13 / 評価:3789件

いろいろ思う

  • yuw***** さん
  • 2019年8月4日 23時43分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

以前、何度かテレビで見かけた映画。
良かった。

不思議な力を持つ人の話だ。そこも興味深かった。

人の病いを治す(吸い取る?)力。または命を削る傷なども取り去る力?
人類の永遠の夢だと思う、こういう力って。

で、こんな夢のような力が、こんな純朴な男に宿ってるという不思議。
不思議だけど、どこか納得もしてしまうような。「こういう人だから、こんな力が与えられたのかな」と。

病いなどを治すシーンは見ていて嬉しかった。
けれど、この力はそれだけではないようで、人の命の経緯を感知してしまうのかな。
この力を持つ男が、とにかく辛そう。苦しそう。
優しさに包まれた社会にならない限り、この男に平穏は訪れないみたい。
・・・それはまた不可能な気がして絶望的に感じる。

そしてこの男は死刑囚になってしまってる。
人助けができなくて泣いてたら、殺人犯に間違われた。
ということで、舞台は死刑囚ばかりの監獄。
これもまた不思議な巡り合わせのような感じがした。

死刑執行のシーンがあったけど。
遺族の憎しみの表情を見て疑問に思った。
死刑執行によって、遺族の魂は救われるのかと。
死刑制度の是非はわからないけど。
憎しみは復讐を果たすことで癒えるのか・・・についてはいろいろな映画・ドラマで疑問視されているが。
これもまた一つの復讐を果たすということになるのかなと思うと。
遺族の気持ちの行方を重視して考えると、どういうものなんだろうかと疑問が残った。
・・・実際、どうすればいいのかはわからないけれど、私には。


ラストはまた悩ましい。

なんというか。
見てると、「不思議な力などない平凡な自分でよかった」と思えるようなラスト。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ