ここから本文です

グリーンマイル (1999)

THE GREEN MILE

監督
フランク・ダラボン
  • みたいムービー 779
  • みたログ 1.3万

4.13 / 評価:3760件

説得力のある「老人の妄言」

  • sham_cat さん
  • 2020年7月27日 13時43分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

一部レビューでもあったが、子供の頃に見た時の私は、「なんで誰も信じてあげないの!?」とか「こんないい人を何で殺しちゃうんだよ!?」と思いながらも最後までこの物語を見守った記憶がある。

 一方で大人になった今観ると、「そら信じる方が難しいわな」と感じるのと、そんなトンデモ話を信じさせてしまうとてつもない物語だという事に関心してしまう。

 冷静になって考えてみれば、見るからにコワそうな見た目のヒトが連れてこられ「こいつは人殺しだから気をつけろよ」と言われれば誰でも警戒する。その一方で「そんなことはない!この人は実は天使なんだよ!」と言う話を誰が信用するだろうか。
 だが、このことを信じてしまう人がいる。それは視聴者で、こんな突飛な物語なのにまさに神がかった説得力で「確かにこいつは天使だ。」と信じ、あまつさえ「誰か信じてあげてくれよ」と祈ってしまう。
 実は物語を客観的に見ると信用すべき状況ではない。何故なら、この話は「老いた主人公の昔話」であり、「その人間が起こす奇跡はあまりに荒唐無稽」なのである。普通なら「あぁ、この爺さんボケてんな」で終わりだ。

それを、どこか”リアリティのある痛み”を伴うストーリーテリングがその老人の妄言を真実と受け取らせてしまう。

もちろん、人種差別や死刑制度の在り方などのメッセージも強いこの作品だが、それだけに終わらない、綿密に構築された重厚な物語は今観ても、いや、大人になった今観ると圧巻の一言である。

「昔観たからいっか」と思っている人も、是非もう一度観て欲しい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ