双生児-GEMINI-

GEMINI

PG1284
双生児-GEMINI-
3.5

/ 130

23%
27%
29%
15%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(31件)

不気味26.6%恐怖17.7%不思議11.4%悲しい8.9%絶望的8.9%

  • rek********

    3.0

    独特な映像

    本木さん、りょうさんが、怪演 二重人格者の話に思えた OMENを意識したラストの曲❓️ ツゴイネルワイゼンを思い出した

  • oce********

    3.0

    眉毛がない!

    役者がどうとか演出がどうとかいうよりも、何より一番インパクトがあるのは全員眉毛を剃っていることだ。 医者の卵が雪雄が嫁いだのは金持ち一家。 だがそこから不可解な死を遂げる父と母。 そして雪雄の前に現れる捨吉という瓜二つの双生児は、雪雄の人生を乗っ取っていく。 終盤は要約不可能になっていくのはいつもの塚本監督ならでは。 前述の眉毛がないのがホラー描写に一層磨きがかかる。 入れ替わったはずなのに徐々に浸食されていく捨吉を含めて、本木雅弘とりょうの夫妻はどちらも怪演といっていい。

  • fg9********

    4.0

    もう、モックンなんて言っちゃぁ、いかん

     …あらすじは、解説のとおり。  明治末期。  大徳寺医院の跡取り息子として順風満帆の人生を送っていた大徳寺雪雄(本木雅弘)。  ところが、両親が相次いで急死を遂げ、そして常日頃、何者かの視線を背後に感じていた雪雄は、ある日、自宅の庭で自分と瓜二つの男に襲撃され、古井戸の底に閉じ込められてしまう。  実はその男は、雪雄の双子の兄弟で、生まれてすぐに川辺に捨てられたところを拾われ、貧民窟で育った捨吉(本木雅弘)だった。  捨吉は、雪雄に成り代わって新たな生活を始め…。  で、本木雅弘が一人二役の双生児を演じ、そこに両者の共通の恋人(妻)役でりょうが絡むのだが、全員が眉毛を剃り落としていてなんとも不気味なのだ。  捨吉は、産まれた時に太腿に奇怪な痣があったために川に流されて捨てられてしまい、流れ着いた先は貧民窟で、そこで粗暴に育つのだった。  一方の雪雄は、裕福な医者の息子として育ち、多少潔癖症ながらも今や評判の医者として名を馳せていた。  双生児でありながらも、富と貧、清浄と不浄、善と悪、知性と暴力……等々、あらゆる面で対極にある二人だった。  で、捨吉は雪雄を古井戸の底に閉じ込めて残飯などを放り込むのだが、この時の捨吉の鬼のような憤怒の形相と怒声は凄まじいものがあった。  で、残飯をあさりながら命を繋ぐ清浄な雪雄も不浄の極みに成れ果て、遂には捨吉を凌ぐ悪と暴力が生まれていくのだった。  あらゆる面で対極にあった二人は、やはり双生児が故に同極にあり、言わば鏡の表裏の関係に過ぎなかったのだ。  何を言いたいのか、こんがらがってきたが、ただただ只管に、役者・本木雅弘の演技が凄まじかった。  もう、モックンなんて言っちゃぁ、いかんだろうな……。

  • もなか

    2.0

    独特だけど・・・

    評価高いと思って観ましたが、面白いというのとは違いました。正直、ありふれた話だし、監督の名前だけで評価しちゃってるのでは?世界観が独特だけど、それを表したいっていうよりは、独特にして面白いと狙ってる感じ。

  • ang********

    4.0

    ネタバレこ・・・こここ・・こわい!!!!!

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


本木雅弘大徳寺雪雄/捨吉
りょう大徳寺りん
藤村志保大徳寺美津枝
筒井康隆大徳寺茂文
石橋蓮司乞食僧侶
麿赤兒角兵衛
浅野忠信復讐の若者
田口トモロヲ診療所患者・中年
村上淳診療所患者・若者
内田春菊診療所患者・母親
今福将雄貧民窟の老人
金守珍刑事

基本情報


タイトル
双生児-GEMINI-

原題
GEMINI

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-