レビュー一覧に戻る
横溝正史シリーズ/本陣殺人事件

横溝正史シリーズ/本陣殺人事件

横溝正史シリーズ

142

ムービークリニック

3.0

ほし みっつっ!

 ムービークリニックにようこそ。では診断しよう(^^)  古谷金田一シリーズ第一弾。テレビ版である。  金田一の最初の事件。  ゆえに今作では、セリフの中に金田一の生い立ちがやや出てくる。紹介の意味もあったのだろう。  金田一がアメリカで出会った、恩師 久保銀蔵と登場する。銀蔵が義父として育てた娘の結婚式から物語が始まる。金田一はこの久保氏に探偵事務所を開くにあたって資金援助をしてもらっているそうだ。  さて当時テレビで見ていたときは、琴糸を使ったトリックに驚きを覚えたものだ。今では、密室殺人というベタな話だろうが横溝文学の怪奇色が満載の作品でした。  ただ当時テレビでは、表現がしにくかっただろうと思われるものがあったと推測される。そのため想像の度合いが大きく、犯人の動機がやや不鮮明となってしまったようだ。いやそのものが説得力が少なかったのかも知れない。  ただ昭和20年頃の世相としては、納得なのかも。  今度は、テレビよりは制約が薄いであろう映画版を観てみよう。たしか中尾金田一だったかな?  今作は推理物の王道といえる金田一の最初の事件は、はずせないですよ。  余談ですが、猫の墓を掘り返すシーンが多く出てくるのだが、中に入っている当然死んでいる猫を本物を使ってるので、ピクッとしたりして 生きているのがバレバレで苦笑してしまいました(^^)

閲覧数339