リング0 バースデイ
3.0

/ 284

14%
19%
35%
21%
11%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(49件)

悲しい18.7%恐怖17.9%絶望的16.4%切ない16.4%不気味14.9%

  • ポンデッド

    3.0

    貞子生誕

    貞子の誕生の流れを知れます。 終盤以外はイマイチですが、リング見た後に見るには良い内容です。

  • たーちゃん

    3.0

    ネタバレあなたと一緒にいたい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • moca

    1.0

    支離滅裂

    リングの貞子を台無しにしたかったのか? この主役、全然怖くないし呪ってもないし。 もう一人の貞子ってどこに行ったの? 本当のお父さんって誰なの? 斧で殴られても無傷なの?

  • tatitukusumaegam

    3.0

    ネタバレ若い頃の仲間由紀恵さんが観られます

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • jmk236

    5.0

    ラルクの歌

    公開当時、劇場で見、最近Netflixで2回見返した。 まず思ったのが、「仲間由紀恵ってこんな可愛かったんだっけ?」。 毎日のようにTVで見てて、20年以上髪形変わらなくて、陳腐なドラマの決め台詞ばっか言ってて、正直あんまり好きじゃなかった。 まだこの映画の頃は癖のある話し方ではなく、(若い人特有の)引っ込み思案で蚊の鳴く様な声を出しており、芝居が自然で(ベテランになるといい意味でも悪い意味でもこなれた芝居じみた芝居になる)、一回り小さな顔をしていて、透明感が半端ない。 自分の周りの人や、他の女優さんの若い頃を見ると、30代の方が可愛いじゃん?と思える人が多いんだけど、この人は若い頃の方が段違いで可愛い(今でも一般人の1000倍綺麗ですけど)。彫りが深い顔で元々スタイルが良いとそうなるのかと思った。 ブリジットジョーンズを10年以上ぶりに見た時も同じ感想を持ったが、最近の芸能人に凄い美男美女があまりいないせいなのか、自分を含めた周囲の人間が昔に比べて綺麗じゃないせいなのか、自分の人を見る目が劣化していると思う。 あと、ラルクの歌。 21年前聴いた時は「爽やかな歌だな」と思い、こないだ1回目の鑑賞時に聴いた時は「歌詞が気取ってて、ナルシストな歌い方だな。ビジュアル系?」と冷めた感想だった。 それでも気になって、何回もYouTubeの酷い画像で聴き返して、Amazonでダウンロードして、歌詞を読み返して、凄く気に入ってしまった。「忍び寄る気配」「鏡」「それが神に背く事になろうと」と、この映画で使われたモチーフがふんだんに使われていて、並みのリングファンよりよっぽど研究して思い入れして作っているのが分かった。聴くたびに映画の世界観が蘇ってきて、感情移入してしまう。演奏も良い。作った人を尊敬してしまった。 貞子が架空の人物で、歌を作った人も出演者ではないけど、こんなに歌の中で熱烈に愛されていて、「酷い死に方した割には良かったね、貞子」と思った。この年齢になって、愛とか恋とかを全く信じなくなったけど、この曲を聴くことによって、キラキラしたまやかしを信じていた時代がほんの少し蘇ってきた。 演出家のおっさんが貞子を愛人にしようとしている(?)のとか、看板女優が貞子にイラつく気持ちとか、学生時代に見た時より、理解できる点が増えていたのが面白かった。 いい年した大人が寄ってたかって若い女の子を大した根拠もなく、小さな道具で撲殺するのが今も昔もショッキングだった。小さな方の貞子は一体どうなったんだ? お母さんや育ての父の伊熊博士役の人が続投されてて、お父さんが回想シーンや写真じゃなく、生きた人間として大活躍(?)するのも、「貞子」「リング3D」「らせん」みたいな、私としてはなかったことにしている作品と違って、大きな推しポイントです。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


仲間由紀恵山村貞子
田辺誠一遠山博
田中好子宮地彰子
麻生久美子立原悦子
若松武史重森勇作
奥貫薫葉月愛子
高畑淳子有馬薫
伴大介伊熊平八郎
雅子山村志津子
森下能幸大久保
木村つかさ金井優美子
大場真人山村敬
田中要次男性教師
古谷千波少女時代の貞子
嶋田豪新聞社の同僚

基本情報


タイトル
リング0 バースデイ

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル