ここから本文です

目撃者 (1999)

THE LAST WITNESS/CARACARA

監督
グレーム・クリフォード
  • みたいムービー 0
  • みたログ 27

3.75 / 評価:4件

ナターシャ・ヘンストリッジ主演TV映画!

  • hoshi595 さん
  • 2011年2月3日 2時33分
  • 閲覧数 1156
  • 役立ち度 9
    • 総合評価
    • ★★★★★

「スピーシーズ/種の起源」で映画デビューが鮮烈過ぎて
ヌードが売りの女優の様な印象が根強く残るナターシャ・
ヘンストリッジ主演のサスペンス。

TV映画ながら、緊張感が持続して最後まで目が離せない。
原題は"CARACARA"で本作品では暗殺者のイメージとして
引用されている”鷹”の名称になっている。

物語は、FBIの捜査に協力する鳥類学者が事件に巻き込ま
れるというものだが、ヒッチコックの「知りすぎていた男」
や、ドゴール大統領暗殺を描いた「ジャッカル」の雰囲気
に似た緊迫感を醸し出している。

但し、冒頭に触れたようにナターシャ・ヘンストリッジ
主演だからといって”ヌード”を期待すると裏切られる。
むしろ、演技力で勝負といった気構えすら感じるほど
真剣さが伝わってくる。

共演では、クリスティナ・アップルゲイトの元夫である
ジョナサン・シェックの好演が光る程度。

サスペンスが主体で、物語は軽すぎる点が気になるが、
あまり詰め込み過ぎても消化できないので、欲張らないで
正解かもしれない。

邦題は「目撃者」だが、その目撃のしかたが一風変わって
いるのと、最終的に”目撃者”が多いのが特徴で、それが
間延びしないでラストまで興味を持続させている。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ