ここから本文です

ラスト・ハーレム (1999)

HAREM SUARE'

監督
フェルザン・オズペテク
  • みたいムービー 8
  • みたログ 44

2.87 / 評価:23件

英雄、色を好む

  • tokyo_sy*** さん
  • 2019年7月26日 22時18分
  • 閲覧数 842
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

レビュー1598作品目。WOWOWシネマにて視聴。
最後のオスマントルコ皇帝のハーレム、及びハーレムの女性の生き様の映画。

いやあ、英雄色を好むとは良く言ったもので。
余程の胆力・体力・気力・好色じゃないとハーレムの主など無理過ぎる。

なろう系を始めとしてライトノベルでは、良くある設定の「ハーレム」
ツンデレ公爵令嬢だったり、エルフの女騎士だったり、猫耳幼女だったり、亡国の王女が奴隷だったり・・が定番ですが。
アニメやコミックだと良いのです。

実際のオスマントルコのハーレム・・私なら裸足で逃げ出したい。

持ってる化粧品全部塗りました、持ってる宝石全部付けてますな、肉感的なボンキュボンの女性が半裸のドレスでくねくね。

扉を開けたら、そんな雌虎の様な女性が一斉に(20~30名か)こちらを見る。ギラギラした肉食獣の目で。

こ、怖いよおおおおおおおおおおおおおお。

これが男性の夢のハーレムの姿なのか!?!?私は女性なので解りません。
こんな怖いトコ、一分だって居たくない。

逆ハでも、鬼畜系、リーマン系、ヤンチャ系、ガテン系、弟系、男の娘系だのの美少年~美青年が「扉を開けたら20名居ました」なんて、逃げますよ。

なので、再度言います。
これを肉体的にも経済的にも維持している君主は、もう英雄や勇者並のステータスが無いと無理むり。

そしてラストエンペラーのオスマン皇帝が破れ、ハーレムが解体する。
家族の者が迎えに来た女性は良い。共に生きてくれる男性が居る女性も幸運。

が、ハーレムだけが世界、ハーレムだけが居場所だった女性の、なんと残酷で惨めな事か。

ここで「手に職・自立ってホンに大切よね」とか余計な事を考えながら、宮殿前の広場で焚き木をしながら、雑草の様な食事をする女性達。

美しい宮殿、美しいライバル達、知略策略、天国から地獄、儚い一生。
色々と考えさせられる映画です。

★5に近い★4で。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • ゴージャス
  • 絶望的
  • 切ない
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ